野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【U-18W杯】侍ジャパン、初対外試合は5-0で快勝 大船渡・佐々木は1回無失点1K&最速153キロ!

30日から韓国・機張(きじゃん)で行われる「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に参加する高校日本代表は24日、都内のグラウンドで大学生を相手に初の対外試合試合を行い、5-0で勝利。9回からは4番手で大船渡の佐々木朗希投手(3年)が登板し、1回無失点1奪三振1四球で試合を締めた。

侍ジャパンU-18合宿に参加している大船渡・佐々木朗希【写真:荒川祐史】
侍ジャパンU-18合宿に参加している大船渡・佐々木朗希【写真:荒川祐史】

宮城→西→林→佐々木で無失点リレー、打線は水上&韮沢&遠藤がタイムリー

 30日から韓国・機張(きじゃん)で行われる「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に参加する高校日本代表は24日、都内のグラウンドで大学生を相手に初の対外試合試合を行い、5-0で勝利。9回からは4番手で大船渡の佐々木朗希投手(3年)が登板し、1回無失点1奪三振1四球で試合を締めた。

甲子園中止の影響は…? 元U-18代表コーチが語る“冬の国際大会”の戦い方(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 先発は興南・宮城大弥投手(3年)。初回に1死三塁のピンチを招いたが、無失点に切り抜けて3回無失点に抑えた。さらに、4回からは創志学園の西純矢(3年)が2番手で登板し、3回2安打5奪三振無失点。7回から3番手の近江・林優樹(3年)が2回を無失点に抑えた。

 そして、9回からは佐々木が4番手で登板。1人目を空振り三振に仕留めると、2人は二飛。3人目には四球を与えたものの、4人目は遊ゴロで無失点に抑え、試合を締めた。最速は153キロだった。

 打線は0-0の5回2死二塁から、「8番・捕手」の明石商・水上桂捕手(3年)の左翼線適時二塁打で先制。さらに、6回1死一塁から「3番・一塁」で出場した花咲徳栄・韮沢雄也(3年)の右越え二塁打で2点目を奪った。8回は東邦の熊田任洋内野手(3年)、智弁学園で主将の「2番・二塁」坂下翔馬内野手(3年)のヒットから相手の失策で3点目を奪うと、2死満塁から「6番・遊撃」の東海大相模・遠藤成(3年)の右前への2点適時打で5-0とした。

 侍ジャパンU-18代表の初の対外試合のスタメンは以下の通り。

1(中)森敬斗(桐蔭学園)
2(二)坂下翔馬(智弁学園)
3(一)韮澤雄也(花咲徳栄)
4(三)石川昂弥(東邦)
5(左)浅田将汰(有明)
6(遊)遠藤成(東海大相模)
7(投)宮城大弥(興南)
8(捕)水上桂(明石商)
9(右)鵜沼魁斗(東海大相模)

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」