野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武中村、劇的サヨナラ打も猛省「僕のせいで…」「自作自演ですね」

西武の中村剛也内野手が24日の楽天戦(メットライフ)で延長10回に2死一、二塁から左翼線にサヨナラ適時二塁打を放ち、チームをカード勝ち越しに導いた。

西武・中村剛也【写真:荒川祐史】
西武・中村剛也【写真:荒川祐史】

8回に同点を招く失策→延長10回サヨナラ適時二塁打

■西武 6-5 楽天(24日・メットライフ)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 西武戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武の中村剛也内野手が24日の楽天戦(メットライフ)で延長10回に2死一、二塁から左翼線にサヨナラ適時二塁打を放ち、チームをカード勝ち越しに導いた。

 延長10回、2死二塁で森を迎えると、楽天は外野を極端に前進させるシフトを敷いた。外野の頭上を越えれば即サヨナラ勝利という状況にも、「特別(思うところは)なかった」と平常心を貫いた。森が四球を選び、中村がその直後の1球目に投じられたチェンジアップを思い切り叩くと、打球は左翼線を襲う強烈な二塁打に。二塁走者の秋山が生還し、チームは劇的なサヨナラ勝利をおさめた。

 お立ち台に上がった中村は「打てたことは嬉しいけど、僕のエラーから同点になった。すみません」と8回に同点3ランを被弾するきっかけとなったエラーを猛省。この日は2失策を記録しており、「エラーをして、僕のせいで(同点3ランを)打たれてしまったと思っていた」とうなだれたが、それでも勝負強さが光った。サヨナラ打に指揮官も「チェンジアップなんて待っていなかったと思う。それでも(ファウルゾーンへ)切らさないのは技術の高さ。あっぱれです」と最敬礼していた。勝負を決めた中村は「自作自演ですね」と苦笑いしながら、球場を後にした。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」