野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 投手・オオタニ復活を見守る、もう1人の新人王 09年アスレチックス守護神の今

投手・オオタニ復活を見守る、もう1人の新人王 09年アスレチックス守護神の今

エンゼルスには新人王が4人いる。2001年のアルバート・プホルス、2012年のマイク・トラウト、2018年の大谷翔平、そしてもう1人は2009年のアンドリュー・ベイリーだ。アスレチックスの守護神として6勝3敗26セーブ、防御率1.84の堂々たる成績を挙げた元右腕は、今季からブルペンコーチとしてエンゼルスを支えている。

エンゼルスなどでプレーしたアンドリュー・ベイリー氏【写真:Getty Images】
エンゼルスなどでプレーしたアンドリュー・ベイリー氏【写真:Getty Images】

2009年新人王の元右腕ベイリー、今季からエンゼルスのブルペンコーチに就任

 エンゼルスには新人王が4人いる。2001年のアルバート・プホルス、2012年のマイク・トラウト、2018年の大谷翔平、そしてもう1人は2009年のアンドリュー・ベイリーだ。アスレチックスの守護神として6勝3敗26セーブ、防御率1.84の堂々たる成績を挙げた元右腕は、今季からブルペンコーチとしてエンゼルスを支えている。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 新人王獲得から10年。35歳のベイリーは役割こそピッチャーからブルペンコーチに変えたが、「好きな野球に携わることができて毎日が楽しいよ」と満面の笑みを浮かべる。

 2006年ドラフト6巡目でアスレチックス入りすると、2009年4月6日エンゼルス戦でメジャーデビュー。早くも5月から守護神を任されると、フォーシーム、カット、緩急差のあるカーブを駆使して、ア・リーグ西地区の強打者を次々とアウトに仕留めた。少しポッチャリ体型のベイリーが試合を締めくくり、誇らしげに笑顔を浮かべながらマウンドを降りる姿は、野球少年そのものだった。

 ルーキーながらオールスターに選出されると、レンジャーズのエルビス・アンドラスを1ポイント差で抑え、新人王を獲得。翌年は25セーブ、2011年は24セーブの活躍を見せたが、同年オフにレッドソックスへトレードされると風向きが変わった。

 2012年のスプリングトレーニングで右親指を負傷してシーズンを出遅れると、翌年には右肩を負傷して手術を受けることに。現代のスポーツ医学では、ピッチャーにとって肘よりも肩の怪我の方が致命傷になり得るとされている。肩の関節包や関節唇を負傷し手術を受けた投手が、戦列復帰して活躍した例は少ない。

「またマウンドに上がりたいという想いだけで、とにかく一生懸命リハビリに励んだ。問題なく投げられる日があれば、違和感を感じる日もある。いくら野球が好きだといっても、さすがにこの時だけは嫌いになりかけたよ(笑)。でも、もう一度メジャーのマウンドで投げたい、投げられる、そう信じて、トレーニングし続けたんだ」

 レッドソックスから契約解除され、拾われたのがヤンキース。傘下マイナーで迎えた2シーズン目の最後でチャンスは巡ってきた。9月1日のロースター枠拡大に伴いメジャー昇格すると、翌2日のレッドソックス戦で782日ぶりのメジャー登板。メジャー復帰の目標は果たしたが、エンゼルスに所属した2017年、再び肩を痛めて、引退を決意した。

「大学では経済や財政を学んだから、引退後はキャリアチェンジをすることも考えていた。そんな時に、ビリー(エプラーGM)から『球団スタッフとして野球を続けてみないか?』と打診があったんだ。それで去年、まずはコーチのアシスタントとして野球と関わるようになったんだ」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」