野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【侍J壮行試合】佐々木朗希、150キロ台連発! 注目の初球は152キロ、初回最速156キロ

30日から韓国・機張(きじゃん)で開催される「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に出場する野球日本代表「侍ジャパン」のU-18高校代表は26日、明治神宮野球場で大学日本代表と壮行試合を行った。高校代表の先発マウンドには、最速163キロを誇る大船渡の佐々木朗希投手が上がった。

侍U-18代表の大船渡・佐々木朗希【写真:荒川祐史】
侍U-18代表の大船渡・佐々木朗希【写真:荒川祐史】

大学日本代表との壮行試合に先発した佐々木

 30日から韓国・機張(きじゃん)で開催される「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に出場する野球日本代表「侍ジャパン」のU-18高校代表は26日、明治神宮野球場で大学日本代表と壮行試合を行った。高校代表の先発マウンドには、最速163キロを誇る大船渡の佐々木朗希投手が上がった。

甲子園中止の影響は…? 元U-18代表コーチが語る“冬の国際大会”の戦い方(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 初回、高校代表の攻撃が3者凡退に終わると、佐々木が注目のマウンドに上がった。その初球、セットポジションから代名詞である足を高く上げるフォームで投じられたボールはいきなり152キロをマーク。法大の宇草が放った打球は左翼への飛球に。左翼・遠藤が頭から突っ込んでキャッチした。

 2番の小川に対しての3球目には156キロをマーク。4球目には154キロを計時するなど、150キロ台を連発すると、スライダーで空振り三振に。3番の柳町もフルカウントから152キロの真っ直ぐでバットに空を切らせ、初回から2つの三振を奪い3者凡退に仕留めた。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」