野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【侍J壮行試合】高校日本代表・4番石川の2点適時打で逆転! 早くも3安打の大活躍

30日から韓国・機張(きじゃん)で開催される「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に出場する野球日本代表「侍ジャパン」のU-18高校代表は26日、明治神宮野球場で大学日本代表と壮行試合を行い4番の石川昂弥(東邦)が5回に2点タイムリーを放った。

勝ち越しタイムリーを放った東邦・石川昂弥【写真:荒川祐史】
勝ち越しタイムリーを放った東邦・石川昂弥【写真:荒川祐史】

石川は5回2死一、二塁から左翼フェンス直撃の2点タイムリー二塁打を放つ

 30日から韓国・機張(きじゃん)で開催される「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に出場する野球日本代表「侍ジャパン」のU-18高校代表は26日、明治神宮野球場で大学日本代表と壮行試合を行い4番の石川昂弥(東邦)が5回に2点タイムリーを放った。

「今回の大会の経験を糧に」―侍ジャパンU-18代表、5位で終えたW杯で手にしたもの(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 逆転を許した直後の5回に高校日本代表の4番が強烈な一打を放った。2死一、二塁からこの日2安打を放っている4番・石川が左翼フェンス直撃の2点タイムリー二塁打を放ち逆転に成功した。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」