野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【侍J壮行試合】大学代表・森下が最速156キロ佐々木を絶賛 「素晴らしい投手」

30日から韓国・機張(きじゃん)で開催される「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に出場する野球日本代表「侍ジャパン」のU-18高校代表は26日、明治神宮野球場で大学日本代表と壮行試合を行い5-5で引き分けた。大学代表の先発・森下暢仁投手(明大)は佐々木朗希投手(大船渡)を絶賛した。

試合後に奥川、佐々木と言葉を交わす侍大学代表・森下暢仁【写真:荒川祐史】
試合後に奥川、佐々木と言葉を交わす侍大学代表・森下暢仁【写真:荒川祐史】

佐々木の投球を見て「2回は力が入って、あまり良い投球ができなかった」

 30日から韓国・機張(きじゃん)で開催される「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に出場する野球日本代表「侍ジャパン」のU-18高校代表は26日、明治神宮野球場で大学日本代表と壮行試合を行い5-5で引き分けた。大学代表の先発・森下暢仁投手(明大)は佐々木朗希投手(大船渡)を絶賛した。

「今回の大会の経験を糧に」―侍ジャパンU-18代表、5位で終えたW杯で手にしたもの(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 初回は3者凡退に抑えた森下だったが、2回に先頭の石川に不運な形で二塁打を浴び、続く遠藤の打席で味方の拙守で先制を許した。「佐々木投手も良かった。自分のピッチングも2回は力が入って、あまり良い投球ができなかった」と、佐々木の最速156キロを記録した圧巻の投球を見せられ、力みが生じたことを明かした。

 お互いに今秋のドラフト候補に名前が挙がる佐々木については「高校生でこれだけ強い球を投げられて、真っすぐで大学生相手に空振りをとったという点では、素晴らしい投手だと思いました」と大観衆の中で実力を発揮した高校生右腕を称賛していた。

(小西亮 / Ryo Konishi)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」