野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日ハム西川、西武・森の日没コールド“サヨナラ弾”に驚く「よく見えたな」

日本ハムは28日、釧路で西武に2連敗した。ともに2ケタ安打と打撃戦を演じたが、2点を追う8回表無死で無念の日没コールドゲームとなった。

日本ハム・西川遥輝【写真:石川加奈子】
日本ハム・西川遥輝【写真:石川加奈子】

西川自身も6回にソロ「暗くて見づらかった。真っ黒なボールを打ちました」

■西武 10-8 日本ハム(28日・釧路)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 日本ハムは28日、釧路で西武に2連敗した。ともに2ケタ安打と打撃戦を演じたが、2点を追う8回表無死で無念の日没コールドゲームとなった。

 この日の日没時刻は18時5分だったが、時折小雨がパラつく曇天の中、5回あたりから徐々に薄暗くなっていった。度々審判が集まって協議し、8回表に西武の先頭・森がバックスクリーン右に18号ソロを打ち込んだ直後、16時21分に日没コールドゲームが宣告された。

 ボールが見えにくい中で本塁打を放ったのは森だけではない。西川が2点を追う6回に野田のスライダーを右翼席へ運んだ。試合中に「暗くて、見づらかったです。真っ黒なボールを打ちました」とコメント。試合後には「左ピッチャーにちょっと怖さがあった。(実際の球速よりも)速く見えるし」と状況を説明した。だからこそ「森はよく見えたな」と8回の森の本塁打に脱帽した。

 悪条件の中で西川の今季5号が飛び出したのも不思議ではない。2回に右前適時打、4回には左翼線二塁打と右に左に長短打を放っていたからだ。6回のソロ本塁打で7月26日西武戦(メットライフドーム)以来の猛打賞を達成。「5試合打ってない分、取り戻さないとね」と5試合ぶりとなる安打を放った前日に続き、気を吐いた。

 チームは再び連敗し、なかなか波に乗れない状態が続いているが、後ろを振り返っている暇はない。「今週はあと4つ残っている。全部勝てば、いい1週間になったと言えるので、そうなるように頑張ります」と前を向いた。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」