野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平は「芸術的に美しい野球を見せた」 左中間破る痛烈二塁打に米記者感嘆

大谷翔平は「芸術的に美しい野球を見せた」 左中間破る痛烈二塁打に米記者感嘆

エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、本拠地レンジャーズ戦に5試合連続で「3番・DH」でスタメン出場し、初回の第1打席で2試合連続の安打となる二塁打を放った。2打席目以降は凡退し、この日は4打数1安打。今季の成績は344打数102安打16本塁打54打点、打率.297となった。

「3番・DH」で先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
「3番・DH」で先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

大谷は初回の第1打席でクラッセの160キロを弾き返す

■レンジャーズ 3-0 エンゼルス(日本時間29日・アナハイム)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、本拠地レンジャーズ戦に5試合連続で「3番・DH」でスタメン出場し、初回の第1打席で2試合連続の安打となる二塁打を放った。2打席目以降は凡退し、この日は4打数1安打。今季の成績は344打数102安打16本塁打54打点、打率.297となった。

 痛烈な一打だった。初回の第1打席で大谷はレンジャーズの21歳クラッセ。160キロ超の真っ直ぐを武器とする右腕の初球をものの見事に弾き返した。100マイル(約160キロ)のカットボールを捉えると、打球は痛烈なライナーとなって左中間を真っ二つ。後続が凡退して得点には繋がらなかったが、2試合連続の安打となった。

 レンジャーズ期待の新星が投じた豪速球を弾き返した、流麗なバットスイングで打ち返した一打には米メディアも絶賛。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチックのレビ・ウィーバー記者は自身のツイッターで「オオタニが100マイルのカットボールを楽々とスイングして逆方向への二塁打とし、ただ芸術的に美しい野球を見せた、なんてことだ」と記した。

 この回、大谷の一打でチャンスを作りながら、得点を奪えなかったエンゼルスは、その後も本塁は遠く完封負け。それだけに、大谷の二塁打が得点に繋がらなかったのは痛かった。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」