野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日ハム公文が日本記録を樹立 巨人高木京抜きデビューから165試合連続無敗

日本ハムの公文克彦投手が29日、帯広での西武戦に2番手で登板。1イニングを無失点に封じ、プロ入りから165試合連続無敗となり、巨人の高木京介投手と並んでいたデビューからの連続無敗記録を更新した。

日本ハム・公文克彦【写真:荒川祐史】
日本ハム・公文克彦【写真:荒川祐史】

2012年のドラフト4位で入団し巨人で15試合、日本ハムで150試合に登板

■日本ハム – 西武(29日・帯広)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 日本ハムの公文克彦投手が29日、帯広での西武戦に2番手で登板。1イニングを無失点に封じ、プロ入りから165試合連続無敗となり、巨人の高木京介投手と並んでいたデビューからの連続無敗記録を更新した。

 1-4と3点をリードされた7回に2番手としてマウンドに上がった公文。先頭の秋山を一ゴロに打ち取ると、源田を見逃し三振に。パ・リーグ首位打者に立つ森も三振に仕留めて、1イニングを3者凡退に封じた。

 2012年のドラフト4位で巨人に入団した公文。巨人時代は15試合の登板に止まったが、2016年オフに大田泰示とともに日本ハムにトレードとなると、新天地でその地位を確立。2017年に41試合に登板すると、2018年には57試合に登板。今季もこの日で52試合目の登板となり、この間、一度も黒星が付かなかった。

 これまでの記録は、巨人の高木京介投手が持っていた164試合連続無敗。公文は27日の西武戦でこの記録に並んでいた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」