野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • ダルビッシュは「制球面で最高の投手」 地元メディアはPOのエースとして期待

ダルビッシュは「制球面で最高の投手」 地元メディアはPOのエースとして期待

カブスのダルビッシュ有投手は27日(日本時間28日)の敵地メッツ戦で8回5安打1失点7奪三振1四球と快投し、今季5勝目(6敗)を挙げた。8月は42回を投げて42三振を奪いながら、わずか1四球。前半戦は苦しんでいたコントロールが改善し、安定感のある投球を続けている。カブスは現在、ナ・リーグ中地区で首位カージナルスに2ゲーム差の2位。ワイルドカード争いでは出場圏内の2位につけているが、シカゴの地元メディアはダルビッシュがプレーオフでカブスのエースになると分析している。

カブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
カブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

8月は42奪三振1四球と圧倒的な投球「プレーオフのエースになり得る」

 カブスのダルビッシュ有投手は27日(日本時間28日)の敵地メッツ戦で8回5安打1失点7奪三振1四球と快投し、今季5勝目(6敗)を挙げた。8月は42回を投げて42三振を奪いながら、わずか1四球。前半戦は苦しんでいたコントロールが改善し、安定感のある投球を続けている。カブスは現在、ナ・リーグ中地区で首位カージナルスに2ゲーム差の2位。ワイルドカード争いでは出場圏内の2位につけているが、シカゴの地元メディアはダルビッシュがプレーオフでカブスのエースになると分析している。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 米メディア「CBSスポーツ」は「なぜ完全に制球力を向上させたユウ・ダルビッシュがカブスのプレーオフのエースになり得るか」とのタイトルでレポート。コントロールが改善した「ダルビッシュの変化」について「シーズン中の変化としては見たことがないようなもの」だと指摘。さらに、「彼はメジャー最低レベルの投手から、数か月で制球面に関して最高の投手の1人となった」
と絶賛している。

 記事では、ダルビッシュが今季最初の8登板では36回2/3で33四球、実に対戦した打者の20%を歩かせており、被出塁率は.391だったと紹介。一方で、その後の10登板では60回1/3で16与四球にまで減らし、被出塁率は.282に下がったと言及。コントロールはまさに“劇的”に改善している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」