野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【U-18W杯】ヒヤヒヤ発進の侍J 名将・渡辺元智氏が語る国際大会の「読めない」難しさ

30日に韓国・機帳(きじゃん)で開幕した「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)。この大会で悲願の世界一を狙うのが、野球日本代表「侍ジャパン」高校代表だ。過去の大会では準優勝が最高成績。初めての世界の頂点に向けて、韓国の地で決戦に挑む。

初戦を4-2で勝利した侍ジャパンU-18代表【写真:荒川祐史】
初戦を4-2で勝利した侍ジャパンU-18代表【写真:荒川祐史】

初の世界一を目指す高校代表は初戦、スペイン代表に逆転勝ち

 30日に韓国・機帳(きじゃん)で開幕した「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)。この大会で悲願の世界一を狙うのが、野球日本代表「侍ジャパン」高校代表だ。過去の大会では準優勝が最高成績。初めての世界の頂点に向けて、韓国の地で決戦に挑む。

甲子園中止の影響は…? 元U-18代表コーチが語る“冬の国際大会”の戦い方(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 2004年に、このワールドカップの前身となる「AAA世界野球選手権大会」の高校日本代表を監督として率いたのが、元横浜高校監督の渡辺元智氏だ。春夏通算27回の甲子園出場を誇り、春3回、夏2回の全国制覇を成し遂げた名将。今大会の試合を中継するテレビ朝日の解説も務める渡辺氏がFull-Countのインタビューに応じた。

 大会初戦、高校日本代表は世界ランキング26位、オープニングラウンドのグループBで最下位のスペインに大苦戦を強いられた。8回までリードを許して追う展開に。不穏な空気が漂う中で土壇場の8回2死から韮澤、石川、遠藤の3連打で逆転し、辛くも勝利を掴んだ。格下相手に、あわや不覚を取りかねないヒヤヒヤの試合となった。

 慣れない国際舞台の難しさを、まざまざと見せつけられることとなった初戦。渡辺氏は戦前、国際大会で戦う上での難しさを語っていた。

 2004年、渡辺氏が監督を務めた「第21回AAA世界野球選手権」。ダルビッシュ有投手(カブス)や涌井秀章投手(ロッテ)らを擁して決勝進出を果たしたものの、決勝で敗れて準優勝に終わった。「やはり金メダルを取ってもらいたい。長い間の高校野球界の夢ですから」と今大会の高校代表への期待を口にした渡辺氏は国際大会の難しさをこう語っている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」