野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

広島菊池、5回に自打球を左足甲に2度当てて悶絶 7回守備で途中交代

広島の菊池涼介内野手が30日のDeNA戦(マツダスタジアム)で1打席で自打球を左足付近に2度当てるアクシデントに見舞われた。

広島・菊池涼介【写真:荒川祐史】
広島・菊池涼介【写真:荒川祐史】

5回先頭で笠井のフォークを振った際に左足甲付近に打球が直撃した

■広島 – DeNA(30日・マツダスタジアム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 広島の菊池涼介内野手が30日のDeNA戦(マツダスタジアム)で1打席で自打球を左足付近に2度当てるアクシデントに見舞われた。

 2-1で迎えた5回先頭、右腕・笠井に3球目のフォークに振った際に自打球が左足甲付近に直撃。その場で倒れ込んだ。トレーナーらが駆けつける事態となったが、そのままプレーを続行。しかし、2ボール2ストライクから5球目。今度は内角低めのフォークを振った際に再び同じ箇所に直撃して、その場に倒れ込んだ。

 同じ箇所に2度も自打球を当てるアクシデントに見舞われたが、打席に。最後は2ボール2ストライクから7球目のカットボールに反応して三ゴロ。一塁へ駆け込む際は左足を引きずった状態だった。結果を残せなかったが、スタンドから温かい拍手が送られた。

 しかし、同点の7回の守備で途中交代。三好が二塁の守備に就いた。今後が心配される。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」