野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【U-18W杯】夏不完全燃焼の東邦コンビが大暴れ! 石川&熊田で7打点「選ばれた時から2人で…」

韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は1日、大会3日目を迎え、野球日本代表「侍ジャパン」高校代表は大会4連覇中で18連勝中だったアメリカを16-7で下して、スーパーラウンド進出に王手をかけた。

米国戦で計7打点と活躍した侍U-18代表の東邦・熊田任洋(左)と石川昂弥【写真:荒川祐史】
米国戦で計7打点と活躍した侍U-18代表の東邦・熊田任洋(左)と石川昂弥【写真:荒川祐史】

東邦は選抜で優勝も夏は県大会で敗戦、石川&熊田が計7打点の大活躍

■日本 16-7 アメリカ(1日・機張)

同世代ライバルから大きな刺激 元U-18代表ベストナイン遊撃手が歩むプロへの道(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は1日、大会3日目を迎え、野球日本代表「侍ジャパン」高校代表は大会4連覇中で18連勝中だったアメリカを16-7で下して、スーパーラウンド進出に王手をかけた。

 12安打16得点と米国投手陣を打ち砕いた侍ジャパン。4番・石川、6番・熊田の東邦コンビが7打点を挙げる活躍を見せ試合の主導権を握った。

 日本は初回に1点を失ったが、その裏に先頭の森が右翼線三塁打を放ちチャンスを作る。だが、武岡、韮沢が凡退し2死三塁となり4番・石川が打席へ向かった。

「カウントを取りに来ると思っていた。何としてもストライクが来たら振っていこうと思った」

 カウント3-0となったが“待ち”の姿勢はなかった。集中力を研ぎ澄ませ、狙い通りに来た直球を確実に捉えた打球は右翼線に運ぶタイムリー二塁打。先制された直後にすぐさま同点に追いつきチームのムードを一変させた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」