野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ、延長12回4時間超え熱戦も引き分け…オリックス増井は150ホールド

ロッテは2日、ZOZOマリンで行われたオリックス戦で2-2で引き分けた。

本塁打を放ったロッテのレオネス・マーティン【画像:パーソル パ・リーグTV】
本塁打を放ったロッテのレオネス・マーティン【画像:パーソル パ・リーグTV】

オリックス増井はNPB史上2人目の150セーブ&150ホールド

■ロッテ 2-2 オリックス(2日・ZOZOマリン)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ロッテは2日、ZOZOマリンで行われたオリックス戦で2-2で引き分けた。

 ロッテは初回、マーティンの右越え10号2ランで先制。しかし、直後の2回に土肥が佐野の遊ゴロの間に1点を返されると、西浦の中前適時打で同点とされた。その後は両軍とも決め手を欠いた。

 また、オリックスの増井浩俊は2-2で迎えた8回から3番手として救援。先頭・井上の四球、犠打で1死二塁としたものの、中村奨、藤岡裕を打ち取った。今季12ホールドでNPB史上8人目の通算150ホールドをマーク。すでに163セーブを挙げており、阪神の藤川球児以来NPB史上2人目の150セーブ&150ホールドを達成した。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」