野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

阪神鳥谷は「自分で引退を決められる選手」 球団OBは“引退勧告”に「ちょっと冷たい」

阪神の鳥谷敬内野手が球団から“引退勧告”を受けたことを31日に明らかにし、今季限りで退団する意思を示した。大ベテランは開幕から出場機会に恵まれず、成績も低迷。5年契約最終年の今季は推定年俸4億円だが、56試合出場で77打数16安打の打率.208にとどまっている。

阪神・鳥谷敬【写真:荒川祐史】
阪神・鳥谷敬【写真:荒川祐史】

阪神OBの野口寿浩氏が指摘「鳥谷は今チームにいる選手の中で一番の功労者」

 阪神の鳥谷敬内野手が球団から“引退勧告”を受けたことを31日に明らかにし、今季限りで退団する意思を示した。大ベテランは開幕から出場機会に恵まれず、成績も低迷。5年契約最終年の今季は推定年俸4億円だが、56試合出場で77打数16安打の打率.208にとどまっている。

 今回の“引退勧告”に対しては様々な意見が出ているが、球団OBはどう見ているのか。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、昨季までヤクルトで2年間バッテリーコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏は「ちょっと冷たいよな、と思います」と胸の内を明かす。野口氏は日本ハムからトレードで阪神に移籍し、2003~08年までプレー。03、05年にはリーグ優勝を経験し、鳥谷とも04年から5シーズンに渡ってチームメートとしてプレーしたが、「彼は自分で引退を決められる数少ない選手」と後輩を気遣った。

 一連の“騒動”について、野口氏は率直な思いを明かす。

「私も報道で出ていることしか知らないので、それを信じるしかないですが、ちょっと冷たいよな、とは感じます。鳥谷は今チームにいる選手の中で一番の功労者です。ピッチャーなら藤川球児、野手なら鳥谷。そういう選手に対して、引退してくれ、というのはちょっとあまりにも冷たいんじゃないかなとは思います」

 確かに、近年の成績は年俸4億円に見合わないかもしれない。だが、それでも、もっと違う方法があるのではないかと、現在も阪神戦の解説を務めることが多い野口氏は指摘する。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」