野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武外崎が2発! 4点差に広げる貴重な3ラン「いい追加点になって嬉しい」

西武の外崎修汰内野手が4日のオリックス戦(ほっと神戸)で7回にこの日2本目となる23号3ランを放ち、リードを4点に広げる貴重な追加点をあげた。

西武・外崎修汰【写真:荒川祐史】
西武・外崎修汰【写真:荒川祐史】

2回に先制の22号ソロ&7回に23号3ラン

■オリックス – 西武(4日・ほっと神戸)

【動画】最後の“ダイエー捕手”の現役最終打席 万感の思いが詰まった、山崎勝己涙のラストシーン

 西武の外崎修汰内野手が4日のオリックス戦(ほっと神戸)で7回にこの日2本目となる23号3ランを放ち、リードを4点に広げる貴重な追加点をあげた。

 2回には先発の張から中越え先制ソロを放っていた外崎。1点リードで迎えた7回、今度は2死一、二塁のチャンスで打席に入ると、2ボール1ストライクから近藤が投じた内角の変化球を捉え、左翼スタンド最前列に運んだ。1試合2本目となる23号3ランに外崎は「いい追加点になって嬉しいです!」と喜んだ。
直近2試合で6三振と振るわなかったが、持ち前のパンチ力でリードを広げた。

 オリックスは5回に遊撃手・山足の失策から西武に勝ち越しを許しており、7回には左翼手・杉本がフライを落球。それぞれの失策が失点に結びついてしまった。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」