野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・高橋礼が今季11勝目 新人王有力右腕が初のローテを守れる秘訣は?

3日、本拠地ヤフオクドームで行われた楽天戦で今季11勝目をマークしたソフトバンクの高橋礼投手。8回に2本のソロを浴びて、プロ初完投こそ逃したものの、7回1/3を投げて91球、4安打2失点の好投だった。

ソフトバンク・高橋礼【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・高橋礼【写真:藤浦一都】

3日の楽天戦で8回途中2失点と好投し、チームトップタイの11勝目をマーク

■ソフトバンク 3-2 楽天(3日・ヤフオクドーム)

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 3日、本拠地ヤフオクドームで行われた楽天戦で今季11勝目をマークしたソフトバンクの高橋礼投手。8回に2本のソロを浴びて、プロ初完投こそ逃したものの、7回1/3を投げて91球、4安打2失点の好投だった。

 初回先頭の茂木に右前安打を浴びたが、続く島内を一ゴロ併殺に打ち取った。2回も先頭のブラッシュに死球を与えたが、銀次を二ゴロ併殺に。3回も先頭の辰己に中前安打を許したが、後続を打ち取り、点を与えなかった。4回からは3イニング連続で3者凡退。7回までわずか84球、2安打に封じてプロ初完投も視野に入った。

 だが、8回、1死から辰己にソロ本塁打。さらに続く小郷にも右翼スタンドへ2者連発のソロ本塁打。楽天のルーキー2人に手痛い被弾。まだ91球だったが、ここで無念の降板となり「8回までいかせてもらっているので、引きずっていたわけじゃないけど、1本目で切り替えて投げるべきだった。実力不足ですね」と反省した。

 昨年のドラフト2位で専修大からソフトバンク入りした高橋礼。シーズン途中に1軍昇格を果たし、12試合に登板した。プロ初勝利は今季に入ってからだったが、そこから千賀に並ぶチームトップタイとなる11個の白星を積み重ねた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」