野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ・レアード、27試合ぶり“握り寿司” 逆転の32号2ランは1か月ぶり一発

ロッテのブランドン・レアード内野手が、27試合ぶりの本塁打となる32号の逆転2ランを放った。8日、敵地ヤフオクドームで行われたソフトバンク戦。「8番・三塁」で2試合ぶりにスタメン出場すると、その第1打席で左翼スタンドへと突き刺さるアーチをかけた。

2回に32号2ランを放ったロッテのブランドン・レアード【画像:パーソル パ・リーグTV】
2回に32号2ランを放ったロッテのブランドン・レアード【画像:パーソル パ・リーグTV】

2回に試合をひっくり返す2ラン、ソフトバンク戦は11球団最多8本塁打目

■ソフトバンク – ロッテ(8日・ヤフオクドーム)

【動画】メジャーも注目? パを代表する強打者“超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える爽快特大弾

 ロッテのブランドン・レアード内野手が、27試合ぶりの本塁打となる32号の逆転2ランを放った。8日、敵地ヤフオクドームで行われたソフトバンク戦。「8番・三塁」で2試合ぶりにスタメン出場すると、その第1打席で左翼スタンドへと突き刺さるアーチをかけた。

 初回、先発の種市が牧原に6試合連続初回安打となる左前安打を浴び、デスパイネに先制適時打を許して1点を先制された。レアードの待望の一発はその直後、2回の攻撃で生まれた。2死一塁で打席に入ると、ソフトバンク先発の武田の初球、139キロのカットボールを完璧に捉えた。

 左翼のグラシアルが守備位置から一歩も動けない完璧な当たり。8月7日のソフトバンク戦以来、約1か月、27試合ぶりのアーチとなった。ダイヤモンドを一周すると、玄界灘の魚を釣り上げ、捌き、そして、久々に寿司を握った。今季32本塁打のうち、対ソフトバンクは11球団で最多となる8本目の本塁打となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」