野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【U-18W杯】韓国が豪破り銅メダル 侍J宮城との“一礼”で注目のリー・ジュヒョンが9回逆転2ラン

韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は8日、韓国とオーストラリアによる3位決定戦が行われ、韓国が6-5で勝ち、3位になった。

開催国・韓国代表は3位で大会を終えた【写真:荒川祐史】
開催国・韓国代表は3位で大会を終えた【写真:荒川祐史】

1点を追う9回1死一塁でリー・ジュヒョンが逆転2ラン本塁打

■韓国 6-5 オーストラリア(8日・機張)

同世代ライバルから大きな刺激 元U-18代表ベストナイン遊撃手が歩むプロへの道(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は8日、韓国とオーストラリアによる3位決定戦が行われ、韓国が6-5で勝ち、3位になった。

 試合は劇的な結末だった。1点を追う9回1位1死一塁。韓国の「1番・中堅」リー・ジュヒョンが豪州の左腕ウィリアム・シェリフから値千金の逆転右越え2ランを放ち、競り合いに決着をつけた。

 リー・ジュヒョンは6日の日本戦で話題の人となった。9回に侍ジャパンの宮城(興南)から死球を受け、宮城から謝罪の一礼を受けると、自身もヘルメットを脱いで頭を下げてこれに応えた。フェアプレー精神を発揮した2人のやり取りにファンからは「本当のスポーツマンシップ」などと称賛の声が相次いだ。

 地元開催の韓国は今大会、オープニングラウンドA組を4勝1敗で通過。スーパーラウンドではまず台湾に2-7で敗れた。日本にはタイブレークの末に勝ったものの、7日の米国戦では5点のリードを守れずに5-7で敗れ、3位決定戦に回っていた。

U-18W杯の侍ジャパン高校代表の試合結果は以下の通り。

○オープニングラウンド
8月30日(金)日本vsスペイン 4○2
8月31日(土)日本vs南アフリカ 19○0
9月1日(日)日本vsアメリカ 16○7
9月2日(月)日本vs台湾 1●3
9月3日(火)日本vsパナマ 5○1

○スーパーラウンド
9月5日(木)日本vsカナダ 5○1
9月6日(金)日本vs韓国 4●5
9月7日(土)12時30分~ 日本vsオーストラリア 1●4

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」