野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷の復活弾にファン「これは偽物じゃないよ」 嘘みたいな一発に“加工疑惑”!?

大谷の復活弾にファン「これは偽物じゃないよ」 嘘みたいな一発に“加工疑惑”!?

エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、敵地のホワイトソックス戦に今季初めて「4番・DH」で先発出場。3回の第2打席では58打席ぶりの本塁打となる17号3ランが飛び出した。

久々となる17号本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
久々となる17号本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

決勝17号3ランを含む3安打5打点の活躍に球団公式もニヤリ

■エンゼルス 8-7 Wソックス(日本時間8日・シカゴ)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、敵地のホワイトソックス戦に今季初めて「4番・DH」で先発出場。3回の第2打席では58打席ぶりの本塁打となる17号3ランが飛び出した。

 球団の公式インスタグラムはこの劇的アーチを動画で紹介。キャプションには「ヘイタ―(アンチオオタニ)は、これを“ショトショップ”と呼ぶ」と、ニヤリと笑った絵文字付きのブラックジョークを添えた。

 “ショトショップ”とは、画像加工アプリの「フォトショップ」と大谷の名前「ショウ」を文字った造語。大谷のアンチはこの映像にも「加工したんでしょ」と“偽物疑惑”を投げかけているのか? しかし文句の付け所のない映像だけに、コメント欄にはファンの称賛が相次いだ。

「これは偽物じゃないよ」

「彼が戻ってきた」

「誰がオオタニさんが苦しんでるっていったの(笑)」

「彼はすごい」

「ナイス!」

「彼が復活した」

「アンチは、いつ投げるの?って言いだしそう」

 この本塁打は打球速度107マイル(約172.2キロ)、飛距離403フィート(約122.8メートル)、111フィート(約34メートル)の高さまで舞い上がる特大弾に。さらには第1打席で左翼線への適時二塁打、第3打席で右前打と自身2度目のサイクルにはわずかに届かなかったものの、3安打5打点の活躍で復活を印象付けた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」