野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 股の間からボテボテ送球… ド軍新人の恥ずかしい守備にファン「笑」「哀れ」

股の間からボテボテ送球… ド軍新人の恥ずかしい守備にファン「笑」「哀れ」

10日(日本時間11日)の敵地オリオールズ戦に7-3で快勝し、7年連続18度目の地区制覇を決めたドジャース。優勝が決まった注目の一戦で新人のギャビン・ラックス内野手が恥ずかしい守備を見せてしまった。MLB公式インスタグラムが動画で紹介し、話題となっている。

ドジャースのギャビン・ラックス【写真:Getty Images】
ドジャースのギャビン・ラックス【写真:Getty Images】

中前に抜けそうな当たりに飛びつく→尻もちの体勢からボテボテの送球

 10日(日本時間11日)の敵地オリオールズ戦に7-3で快勝し、7年連続18度目の地区制覇を決めたドジャース。優勝が決まった注目の一戦で新人のギャビン・ラックス内野手が恥ずかしい守備を見せてしまった。MLB公式インスタグラムが動画で紹介し、話題となっている。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 2日前の一戦。“事件”が起きたのは4点リードの2回2死走者なしの場面だ。二塁手のラックスは、アルベルトが放った中前に抜けそうな打球に追いついた。尻もちをついたような体勢となったが、なんとか一塁への送球を試みたラックス。股の間から手首のスナップを効かせて強引に送球したものの、拍子抜けするようなボテボテになってしまった。

 このちょっと恥ずかしい守備をMLB公式インスタグラムは「トライはしていたね」と動画で紹介。批判、擁護、他の選手と比べるなど声など、様々なコメントがついている。

「彼は少なくともトライしていたし、もし(投ゴロで一塁に走らなかった)プイグだったらアウトになっていただろうからね」

「哀れだな」

「一塁手は体を(ボールの方向へ)伸ばさないといかん」

「笑」

「彼は打者をアウトにしたのか?」

「彼は新人なんだから、大目に見てやんなよ」

「新人か…」

「それでもオリオールズの内野陣よりはマシに見えたけど」

「オリオールズ(の弱さ)は感染しやすいようだな」

「ドジャースがオリオールズみたいなプレーしているよ」

「(誤審で悪名高い)アンヘル・エルナンデスならアウトにしていたね」

「(投ゴロで一塁に走らなかった)プイグならアウトになっていたね」

「君は(名手のホセ・)イグレシアスじゃないな」

 2016年ドラフト1巡目のラックスはドジャース期待の若手有望株。今季は2A、3Aで113試合に出場し、打率.347、26本塁打、10盗塁、OPS1.028と圧倒的な成績を残して2日(同3日)にメジャー昇格を掴み取っていた。本来はショートを務めるなど本来は肩も弱くない。次は好守で見返したいところだ。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」