野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大、11勝目の権利手にし降板 5回4失点と苦戦も、味方が逆転

田中将大、11勝目の権利手にし降板 5回4失点と苦戦も、味方が逆転

ヤンキースの田中将大投手は13日(日本時間14日)、敵地ブルージェイズ戦に先発登板し、今季11勝目の権利を手にした。味方の拙守に足を引っ張られて5回まで4点を失ったが、味方打線が逆転。1点リードで降板となり、勝利投手の権利を持ってマウンドを降りた。

ブルージェイズ戦に先発したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
ブルージェイズ戦に先発したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

4回までに3点のリードを許すも、5回に打者一巡で逆転

■ブルージェイズ – ヤンキース(日本時間14日・トロント)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ヤンキースの田中将大投手は13日(日本時間14日)、敵地ブルージェイズ戦に先発登板し、今季11勝目の権利を手にした。味方の拙守に足を引っ張られて5回まで4点を失ったが、味方打線が逆転。1点リードで降板となり、勝利投手の権利を持ってマウンドを降りた。

 2年ぶりのシーズン30試合目の先発登板となった田中。初回、先頭のビシェットを1球で左飛に打ち取ると、ビジオ、ゲレーロJr.と2者連続で3球三振に切り、わずか7球で3者凡退に打ち取った。

 だが、2回にグリチャックに抜けたスプリットをスタンドに運ばれ、26号ソロで先制を許した。4回には2死一塁からマグワイアに中越えの適時二塁打を浴びて2点目を失うと、ヘルナンデスのゴロを処理したトーレスの送球を一塁のルメイヒューが後逸(記録はトーレスの悪送球)。3点目を失った。

 5回に味方打線に火がつき、フレイジャーの適時二塁打、ロマイン、ウルシェラの適時打など5安打を集中させ、打者一巡の猛攻で5点を奪って逆転に成功した。

 だが、田中はその裏、先頭のビシェットに二塁打を浴びると、続くビジオに中前へ適時打を許して1点差に。だが、なんとか後続を封じて1点のリードを守って5回を投げ終えた。6回からはリリーフ陣に託し、田中は5回8安打4失点だった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」