野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武・今井が血染めの熱投! 指から出血もお構い無し、6回まで1失点と好投

西武の今井達也投手が14日、本拠地メットライフドームでのロッテ戦(メットライフ)に先発し、6回まで1失点と好投している。右手の指から出血しながらもマウンドに立ち続けて6回まで4安打1失点と、ロッテ打線をねじ伏せた。

ロッテ戦に先発している西武・今井達也【写真:荒川祐史】
ロッテ戦に先発している西武・今井達也【写真:荒川祐史】

6回まで投げてロッテ打線を4安打1失点に封じる好投

■西武 – ロッテ(14日・メットライフ)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 西武の今井達也投手が14日、本拠地メットライフドームでのロッテ戦(メットライフ)に先発し、6回まで1失点と好投している。右手の指から出血しながらもマウンドに立ち続けて6回まで4安打1失点と、ロッテ打線をねじ伏せた。

 6日の楽天戦(楽天生命パーク)で5回を投げ4失点で7勝目を挙げていた今井。中7日の先発となったこの日は初回、1死から鈴木を四球で歩かせたが後続を断ち無失点で立ち上がった。試合中には右手薬指から出血するアクシデントもあり、ユニフォームを血で染めながら熱投した。

 5回には先頭の田村に左安打を浴びたが、続くレアードを外角のスライダーで遊併殺に仕留めた。6回は2死から自らの失策と四球で2死一、二塁のピンチを背負うと、角中にセカンド横を抜ける適時打を浴び1点を失ったが、続くマーティンの打球を山川がジャンピングキャッチ。追加点は与えず、1点リードを保った。

 今井は昨年も優勝マジック「1」で迎えたソフトバンク戦でも流血しながら投球を続けた。今井は指からの出血について「血が止まらないだけで痛くはない」と話しており、この日もハプニングに動じず6回4安打3四球1失点に封じて降板となった。この試合で西武が勝ち、ソフトバンクが日本ハムに敗れると、西武に優勝マジック10が点灯する。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」