野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 西武
  • 「仕事してるなあって感じ」…西武國場が初勝利、同期が先に活躍も「自分は自分」

「仕事してるなあって感じ」…西武國場が初勝利、同期が先に活躍も「自分は自分」

西武の4年目・國場翼投手が14日のロッテ戦(メットライフ)で延長10回に5番手として登板し、1イニングを3人で抑えてプロ初勝利を挙げた。

プロ初勝利を挙げ辻監督と記念撮影に臨んだ西武・國場翼【写真:荒川祐史】
プロ初勝利を挙げ辻監督と記念撮影に臨んだ西武・國場翼【写真:荒川祐史】

延長10回の1イニングを3者凡退、お立ち台で「最高です」

■西武 4-3 ロッテ(14日・メットライフ)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武の4年目・國場翼投手が14日のロッテ戦(メットライフ)で延長10回に5番手として登板し、1イニングを3人で抑えてプロ初勝利を挙げた。

 前日13日の試合で、ロッテ3番・中村奨にバックスクリーンへ本塁打を浴びていた國場。この日は延長10回にマウンドに上がると、中村奨から始まるロッテのクリーンアップと対峙した。

「(打球が)よく飛びましたね。逆に切り替えられました」と悪いイメージはすぐに払拭していた。中村奨、清田を遊ゴロに仕留めテンポよく2死を奪うと、角中に対しては直球で空振り三振を奪い、前夜のリベンジを完璧な形で果たした。直後の10回裏、メヒアのサヨナラ適時打が飛び出し、國場にプロ初白星が転がり込んだ。初めてのお立ち台に上がった國場は「絶対に抑えるという気持ちで投げました。最高です」と白い歯をこぼした。

 すでに他界している父親が草野球チームに所属していたことがきっかけで、3歳のときにはすでにボールを触っていた。中学では小柄だったことから軟式チームで二塁手を務めていたが、高校進学後に身長が約20センチ伸びたことと、1年生のみで臨む大会で投手が不足していたことから投手に転向。進学した第一工業大学から2016年にドラフト8位で西武に入団したが、1軍での登板はルーキーイヤーの2試合のみにとどまっていた。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」