野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹が序盤でリード奪う 松田宣の300二塁打で先制、デスパイネが34号2ラン

優勝へのマジックナンバーを11としているソフトバンクは15日、敵地で日本ハムと対戦し、デスパイネの34号2ランなどで3回までに4点を挙げて主導権を握った。

ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ【写真:荒川祐史】
ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ【写真:荒川祐史】

先発の和田は3回まで無失点投球

■日本ハム – ソフトバンク(15日・札幌ドーム)

【PR】名作野球アニメやドキュメンタリー作品も充実 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 優勝へのマジックナンバーを11としているソフトバンクは15日、敵地で日本ハムと対戦し、デスパイネの34号2ランなどで3回までに4点を挙げて主導権を握った。

 ソフトバンクは2回、先頭の柳田が右翼線二塁打。続く松田宣が左翼線に通算300本目の二塁打を放って先制した。さらに1死三塁から内川の犠飛で2点目を挙げた。

 3回には2死一塁で、デスパイネが右翼席へ34号2ラン。リードを4点に広げた。

 先発の和田は1回に1死一、三塁のピンチを招いたが、中田を一ゴロ併殺打に仕留めて無失点スタート。3回を終えて日本ハム打線を無失点に凌いだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」