野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

今季で退団の阪神鳥谷が代打で2点タイムリー 巨人菅野から貴重な同点打

阪神の鳥谷敬内野手が15日、敵地での巨人戦で代打で登場し、2点適時打を放った。2点追う4回2死満塁で、先発・岩貞の代打で登場。巨人菅野から一、二塁間を破る右前2点打を放った。さらに続く木浪が中前適時打を放ち、チームは勝ち越しに成功した。

阪神・鳥谷敬【写真:荒川祐史】
阪神・鳥谷敬【写真:荒川祐史】

4回2死満塁で登場 一、二塁間を破る右前打

■巨人 – 阪神(15日・東京ドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 阪神の鳥谷敬内野手が15日、敵地での巨人戦で代打で登場し、2点適時打を放った。2点追う4回2死満塁で、先発・岩貞の代打で登場。巨人菅野から一、二塁間を破る右前2点打を放った。さらに続く木浪が中前適時打を放ち、チームは勝ち越しに成功した。

 入団16年目の38歳は、球団から事実上の“戦力外”を通告されたことを受け、今季限りで阪神のユニホームを脱ぐことを決断した。11日のヤクルト戦で今季初打点となる適時打を放つと、この日も伝統の一戦で勝負強さを発揮。阪神ファンが陣取る左翼席から大歓声が沸き起こった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」