野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武、延長サヨナラ勝利でV加速のマジック「9」点灯 辻監督「神風やな」

西武が15日のロッテ戦(メットライフ)で5-5の同点で迎えた延長11回に劇的なサヨナラ勝利を納めた。2死から木村が左中間に打ち上げた飛球を追いかけたロッテの左翼手・加藤と中堅手・荻野が交錯。ボールが転々とする間に木村は一気に本塁を陥れ、サヨナラのホームを踏んだ。この日首位・ソフトバンクが敗れたため、首位が入れ替わり西武に優勝マジック「9」が点灯した。辻監督は「まだまだ。必死に戦います」と表情を緩めることはなかった。

西武・辻監督【写真:荒川祐史】
西武・辻監督【写真:荒川祐史】

延長11回に木村の放った飛球を相手外野陣が交錯し一気にサヨナラのホームを踏む

■西武 6-5 ロッテ(15日・メットライフ)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武が15日のロッテ戦(メットライフ)で5-5の同点で迎えた延長11回に劇的なサヨナラ勝利を納めた。2死から木村が左中間に打ち上げた飛球を追いかけたロッテの左翼手・加藤と中堅手・荻野が交錯。ボールが転々とする間に木村は一気に本塁を陥れ、サヨナラのホームを踏んだ。この日首位・ソフトバンクが敗れたため、首位が入れ替わり西武に優勝マジック「9」が点灯した。辻監督は「まだまだ。必死に戦います」と表情を緩めることはなかった。

 6回までロッテ先発・種市の前に8安打を放ちながらもわずか1点のみに抑えられていた西武打線。3点を追いかける7回に栗山の左犠飛で1点を返すと、8回に1死一、二塁から森の右適時打が飛び出すなど一気に3点を奪って勝ち越しに成功した。しかし、9回に登板した平井が荻野に同点適時打を浴び土壇場で試合は振り出しに。

 2日連続で延長戦に突入した試合は、延長11回に劇的な結末が待っていた。2死走者なしからこの日無安打だった木村が思い切り打ち上げた飛球を追った左翼手と中堅手が左中間で交錯。ボールが転がる間に、木村は一気に本塁まで生還しサヨナラ勝利。辻監督も「この時間は非常に見づらいのでね。レフトが(打球を)見えてなかったけど、まさか本塁までかえってくるとは。神風やな」と驚きの表情だった。

 8回には森の自身初の100打点となる適時打が飛び出した。これで中村、山川に続く同一チーム3人目の100打点。100打点トリオは史上5例目の快挙だ。指揮官は「下位や、1番2番の出塁があって、友哉が出れば中村が返すし、山川にはホームランがある。なるべくしてなったね」と納得顔を見せていた。4時間30分の総力戦の末に勝利を手にした辻監督は「こんな時間か。床屋に行けないな。でも勝っているし、切っちゃだめか」と冗談で報道陣を笑わせていた。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」