野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 前田健太は「僕たちに必要なクローザー」今季2S目にファンは“守護神”就任を希望

前田健太は「僕たちに必要なクローザー」今季2S目にファンは“守護神”就任を希望

15日(日本時間16日)に行われた敵地メッツ戦で今季2セーブ目をマークしたドジャースの前田健太投手。1点リードの9回1死から6番手として登板すると無失点リリーフで試合を締めくくった。クローザーとして試合を締める姿に、ファンからは“守護神マエケン”を待望する声も上がった。

ドジャース・前田健太【写真:Getty Images】
ドジャース・前田健太【写真:Getty Images】

16日のメッツ戦で1点差の9回を締めくくった前田健太

■ドジャース 3-2 メッツ(日本時間16日・ニューヨーク)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 前田健太を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 15日(日本時間16日)に行われた敵地メッツ戦で今季2セーブ目をマークしたドジャースの前田健太投手。1点リードの9回1死から6番手として登板すると無失点リリーフで試合を締めくくった。クローザーとして試合を締める姿に、ファンからは“守護神マエケン”を待望する声も上がった。

 9回の攻撃でジャーコの適時打で1点を勝ち越したドジャース。その裏、まず左腕のコラレクがマウンドに上がり、左打者のコンフォート遊ゴロに打ち取ると、ここから前田がマウンドに上がった。ラモスを右飛に打ち取ると、カノには四球を与えたものの、最後はパニックを空振り三振に。無安打無失点で抑えに成功した。

 9月に入り、プレーオフも見据えた上で救援に配置転換されている前田。ドジャースにはジャンセンという絶対的なクローザーがいるものの、安定感に欠く投球が増えていた。この日、ジャンセンは8回に登板し、前田が9回を締めた。

 試合後、ドジャース公式インスタグラムは「シリーズに勝利してNYを後にする」とし、前田がパニックを空振りに仕留め、ゲームセットを迎えた瞬間を動画で公開。すると、ファンからは前田健太の“守護神”就任を待望する声があがった。

「ケンタサン!」

「僕たちに必要なクローザー、それがマエダだ!」

「ケンタがクローザー?」

「素晴らしいマエケン!!!」

「クローザーとしてのマエダが好き」

「ケンタ!」

「気に入ったよ#マエケン」

「ナンバー18」

「この役割ではケンリーより断然ケンタの方が信頼できる…」

 自身にとっては決して本意ではないはずのリリーフ起用。それでも、ロングリリーフ、セットアッパー、クローザーとどの役割を託されても結果を出している前田の働きに、ファンは大きな信頼を寄せていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」