野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ヤクルト、寺原&三輪の現役引退を発表 「感謝しかありません」「全ての方々のお陰」

ヤクルトは17日、寺原隼人投手、三輪正義内野手が今季限りで現役を引退することを発表した。

ヤクルト・寺原隼人【写真:荒川祐史】
ヤクルト・寺原隼人【写真:荒川祐史】

寺原は通算303試合登板、73勝81敗23セーブ、防御率3.88

 ヤクルトは17日、寺原隼人投手、三輪正義内野手が今季限りで現役を引退することを発表した。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 寺原は2001年ドラフト1位でダイエー(現ソフトバンク)に入団。その後は横浜(現DeNA)、オリックス、ソフトバンク、そして昨年オフにヤクルトに移籍し通算303試合登板、73勝81敗23セーブ、防御率3.88の成績を残した。

 引退を決断した寺原は球団を通じ「ファンの皆様、18年間応援していただき、ありがとうございました。18年間のプロ野球生活の中で、スワローズには一年間と短い期間でしたが、1年でも長く野球をやりたいと思っていた私に、チャンスを与えてくれたスワローズには感謝しかありません。本当にありがとうございました」とコメントを発表した。

 三輪は2007年大学・社会人ドラフト6巡目でヤクルトに入団。独立リーグ出身者では初めてフリーエージェント(FA権)を取得するなど通算418試合に出場し打率.236、0本塁打、16打点、23盗塁。球団を通じ「私がこの年までこの身体で野球を続けられたのは、今まで私に携わってくれた全ての方々のお陰だと思っています。その方たちの為にも、これからの人生が大事になってくると思います。胸を張って生きていけるように、これからの人生を大切に過ごしていきたいと思います」とコメントした。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」