野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ダルビッシュ、約1か月ぶり7敗目 球団新8者連続奪三振を含む13Kも7回4失点

カブスのダルビッシュ有投手は17日(日本時間18日)、本拠地のレッズ戦で先発。初回に7球で先取点を献上するなど3失点したが、2回1死から球団新記録の8者連続三振。7回13三振を奪い、6安打4失点と力投を見せた。しかし、打線の援護に恵まれず、7敗目(6勝)を喫した。2-4で敗れたチームは連勝が5でストップした。

本拠地でのレッズ戦に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
本拠地でのレッズ戦に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

7回13奪三振1四球6安打4失点 2試合連続13K以上は球団3人目

■レッズ 4-2 カブス(日本時間18日・シカゴ)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 カブスのダルビッシュ有投手は17日(日本時間18日)、本拠地のレッズ戦で先発。初回に7球で先取点を献上するなど3失点したが、2回1死から球団新記録の8者連続三振。7回13三振を奪い、6安打4失点と力投を見せた。しかし、打線の援護に恵まれず、7敗目(6勝)を喫した。2-4で敗れたチームは連勝が5でストップした。

 初回。先頭・バンメーターに中前打を許すと、続くボットに右翼線適時二塁打とされた。9月初失点で3試合ぶりの失点。1死後、アキーノには甘く入ったフォーシームを痛打されて、左中間16号2ランを被弾。苦しい立ち上がりとなった。

 2回からは圧巻だった。先頭のペラザを中飛に打ち取ると、続く投手グレイから8者連続三振を奪った。4回までの12アウトのうち11アウトを三振で奪う圧巻の投球。5回先頭・ペラザの三直で連続奪三振はストップしたものの、米スポーツ局「ESPNシカゴ」のジェシー・ロジャース記者は自身のツイッターで8者連続奪三振は球団新記録と伝えた。通算311勝で3度のサイ・ヤング賞を受賞したトム・シーバーが1970年に記録した10者連続のメジャー記録には届かなかったが、本拠地ファンを沸かせる快投を見せた。

 しかし、5回1死から投手グレイに右前打を許すと、2死一、二塁からスアレスの中前適時打で4点目を許した。6、7回は2イニング連続で3者凡退。7回2死の打席で代打・ケンプを出されて降板した。7回102球(ストライク69球)を投げ、13奪三振1四球、6安打4失点。防御率4.02となった。

 ダルビッシュは前回12日の敵地パドレス戦で6回14奪三振、2安打無失点。MLB公式サイトのカブス番ジョーダン・バスティアン記者のツイートによると、連続先発登板で13奪三振以上を記録したのは1998年ケリー・ウッド、2003年マーク・プライアー以来球団史上3人目だ。

 チームはシュワバーの連続適時打で2点を返したが、2-4で敗れた。連勝は5で止まった。ダルビッシュは8月9日の敵地レッズ戦以来の7敗目を喫した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」