野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天が6回に勝ち越し 藤田のバスターが適時打、渡辺佳はスクイズ決める

楽天が勝ち越しに成功した。18日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンク戦。同点で迎えた6回、藤田の右前適時打、渡辺佳のスクイズでリードを奪った。

楽天・藤田一也【写真:荒川祐史】
楽天・藤田一也【写真:荒川祐史】

藤田のバスターはチャージしてきた一塁の内川を襲う痛烈な当たりになった

■ソフトバンク – 楽天(18日・ヤフオクドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 楽天が勝ち越しに成功した。18日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンク戦。同点で迎えた6回、藤田の右前適時打、渡辺佳のスクイズでリードを奪った。

 2-2で迎えた6回。先頭のブラッシュが四球で出塁すると、銀次が左前安打で繋ぐ。無死一、二塁で藤田が打席へ。バントの構えから、一塁の内川が猛チャージをかけると、バスターで強打。ダッシュしてきた内川を襲う痛烈な打球が右前へと抜けた。二塁走者は一気に生還して勝ち越した。さらに、続く渡辺佳のセーフティースクイズが犠打野選となり、リードを2点に広げた。

 辰己は2番手甲斐野の前に二ゴロに倒れたが、続く島内が3番手嘉弥真から中前適時打を放ってもう1点を追加した。ソフトバンクにとっては痛い失点となり、3点のビハインドに。先発・高橋礼は6回途中1死二、三塁で降板となり、5回1/3を投げて6安打5失点だった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」