野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • ロッテ
  • ロッテ背番号「9」福浦の背中 愛弟子・大松が幕を下ろす共にした傷だらけの選手人生

ロッテ背番号「9」福浦の背中 愛弟子・大松が幕を下ろす共にした傷だらけの選手人生

背番号「9」福浦和也選手が9月23日のセレモニーをもって引退する。習志野高校から地元の球団・ロッテに入団し、一筋26年。今季は球界最年長も経験した。多くの同志、はたまた後輩を見送ってきた男が、ついにその花道を用意される立場となる。“その時”を迎えたとき、監督は、選手は、そして福浦選手は…… ロッテの名物広報・梶原紀章さんが、6回にわたって綴る。

長きにわたりチームメートだった福浦和也(左)と大松尚逸【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
長きにわたりチームメートだった福浦和也(左)と大松尚逸【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

ロッテで12年、ヤクルトで2年、BC福井でプレーした大松尚逸

 背番号「9」福浦和也選手が9月23日のセレモニーをもって引退する。習志野高校から地元の球団・ロッテに入団し、一筋26年。今季は球界最年長も経験した。多くの同志、はたまた後輩を見送ってきた男が、ついにその花道を用意される立場となる。“その時”を迎えたとき、監督は、選手は、そして福浦選手は…… ロッテの名物広報・梶原紀章さんが、6回にわたって綴る。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 背番号「9」を師と仰ぎ続けた男は野球人生に自らピリオドを打った。大松尚逸外野手。ロッテで12年。ヤクルトで2年。そして今年、BCリーグの福井ミラクルエレファンツでプレーをした。最後の時は突然やってきた。8月17日の新潟アルビレックスBC戦。6回の第3打席で右飛を打って一塁に向かって全力疾走をした際、左膝が悲鳴を上げた。もう歩くことすら出来なかった。診断結果は左ひざ半月板の断裂。全治まで3か月とされる大怪我に引退を決断した。すぐに背中を追い続けてきた福浦和也内野手に連絡を入れた。

「よく頑張ったな。お疲れさん」

 その一言にすべてから解き放たれた気がした。今まで背負ってきた重圧がすべて消え去った。もう現役への未練は残っていなかった。

「自分がプロに入ってずっと追い求めてきた人に『よくやった』と言ってもらえた。もうそれで十分だった。気持ちの整理がつきました。スッキリしました。ここまで精一杯やってこれたかなあと思います。悔いはありません」

 ロッテに入団をした時からチーム内の同じ左打者の福浦に憧れ、参考にしながら、プレーをしてきた。あれはプロ2年目が終わった06年のオフ。なかなか思い通りの結果が出ずに苦しむ大松は意を決した。11月に行われた球団納会で大先輩のいる席に足を運んだ。ビールを注ぎながら、お願いをした。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」