野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹・千賀が執念の力投 3回に打球直撃、4回に4四球と急変も6回3失点で乗り切る

ソフトバンクの千賀滉大投手が、執念の力投で6回を3失点に抑え込んだ。19日、本拠地ヤフオクドームで行われたオリックス戦。3回に右膝に打球が直撃するアクシデントに見舞われながら、その後も続投し、6回3失点と役割を果たした。

ソフトバンク・千賀滉大【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・千賀滉大【写真:荒川祐史】

3回2死で西村の放った打球が右膝付近に直撃

■ソフトバンク – オリックス(19日・ヤフオクドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの千賀滉大投手が、執念の力投で6回を3失点に抑え込んだ。19日、本拠地ヤフオクドームで行われたオリックス戦。3回に右膝に打球が直撃するアクシデントに見舞われながら、その後も続投し、6回3失点と役割を果たした。

 3回2死でアクシデントに見舞われた。西村の痛烈な打球が右膝付近を直撃。ボールが大きく三塁側に弾むと、千賀は足を引きずるようにして、痛みに顔をゆがめた。倉野信次投手コーチ、トレーナーに付き添われて、治療のためベンチに下がった。治療を終えると、そのまま続投。続く宗を空振り三振に切って取り、この回を無失点で切り抜けた。

 だが、4回に急変した。先頭の吉田正に左前安打を浴びると、1死一塁から小島、中川、モヤ、代打の福田と4連続四球を与えて、2つの押し出しで2点を許した。打球直撃の影響か、突如として制球を乱した。なんとか若月、西村を打ち取り2失点に留めたが、異変は明らかだった。

 それでも、マウンドに上がり続けた千賀。5回を無失点に抑えたものの、6回にモヤに同点のソロ本塁打を被弾し試合を振り出しに戻された。それでも、何とか踏ん張って千賀は同点の6回で降板。6回5安打8奪三振5四死球で3失点。なんとか同点の状態でリリーフ陣にバトンを繋いだ。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」