野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ヤクルト小川、完封で5勝目! 阪神、ドラ1近本“ミスター超え”もCS遠のく完封負け

ヤクルトは19日、敵地・甲子園での阪神戦を8-0で勝利した。先発の小川が9安打を浴びながらも要所を締める完封劇で5勝目を挙げた。打線は塩見のプロ1号となる2ランが飛び出すなど効率よく点を奪い快勝した。

ヤクルト・小川泰弘【写真:荒川祐史】
ヤクルト・小川泰弘【写真:荒川祐史】

先発の小川は9安打完封で5勝目をマーク、打線は塩見がプロ初ホームランをマークするなど8得点

■ヤクルト 8-0 阪神(19日・甲子園)

【動画】「引退する選手じゃない」とファン驚愕 引退試合で阪神藤川が巨人坂本を空振り三振に仕留めた感動の場面

 ヤクルトは19日、敵地・甲子園での阪神戦を8-0で勝利した。先発の小川が9安打を浴びながらも要所を締める完封劇で5勝目を挙げた。打線は塩見のプロ1号となる2ランが飛び出すなど効率よく点を奪い快勝した。

 ヤクルトは初回に1死二塁から山田哲のタイムリー二塁打で先制。5回は2死二塁から塩見が右中間へプロ1号となる2ラン、バレンティンの31号2ランで一挙4点を奪いリードを広げた。7回にも2死満塁から中山がダメ押しの2点タイムリーを放ち試合を決定付けた。

 投げては先発の小川が9安打を浴びながらも得点を許さず完封で今季5勝目をマークした。阪神はドラフト1位ルーキー・近本が長嶋氏を超えるセ・リーグ新人記録を更新するシーズン154安打をマークしたが完封負け。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」