野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 外野から時速162キロの超高速返球 今季“最速”補殺にファン驚愕「キャノン」

外野から時速162キロの超高速返球 今季“最速”補殺にファン驚愕「キャノン」

インディアンスのグレッグ・アレン外野手がなんと時速162キロの超高速返球で補殺を記録した。18日(日本時間19日)に本拠地で行われたタイガース戦の4回2死二塁だった。タイガースのブランドン・ディクソンが放った安打を、左翼アレンは前進しながらワンバウンドで捕球。その勢いのまま矢のような返球をノーバウンドで捕手に送り、二塁走者クリスティン・スチュワートをアウトにした。

インディアンスのグレッグ・アレン【写真:Getty Images】
インディアンスのグレッグ・アレン【写真:Getty Images】

メジャー3年目の26歳、インディアンスのアレンがみせた鬼肩

■インディアンス 2-1 タイガース(日本時間19日・クリーブランド)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 インディアンスのグレッグ・アレン外野手がなんと時速162キロの超高速返球で補殺を記録した。18日(日本時間19日)に本拠地で行われたタイガース戦の4回2死二塁だった。タイガースのブランドン・ディクソンが放った安打を、左翼アレンは前進しながらワンバウンドで捕球。その勢いのまま矢のような返球をノーバウンドで捕手に送り、二塁走者クリスティン・スチュワートをアウトにした。

 MLB公式データ解析システム「スタットキャスト」によると返球の速度は100.8マイル(約162キロ)、投げた位置から保守までの距離は222フィート(約68メートル)だった。

 メジャー3年目の26歳が見せたレーザービームを、MLB公式ツイッターは「外野から100.8マイル! 今季最速の補殺」とのタイトルで投稿。ファンは驚きの声をあげた。「キャノン」「素晴らしい」「グレッグ・アレン、なんてこった!」「すごい」「良い送球」「ワォ」

 そのスピードに酔いしれていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」