野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 楽天
  • 西武・山川、珍プレーでアウトに 二塁ベース踏まずに戻り、楽天側がアピール

西武・山川、珍プレーでアウトに 二塁ベース踏まずに戻り、楽天側がアピール

西武の山川穂高内野手が、楽天からのアピールプレーでアウトになった。

西武・山川穂高【写真:荒川祐史】
西武・山川穂高【写真:荒川祐史】

2回1死一塁で栗山の飛球で一塁に戻る際、ベースを踏まず

■楽天 – 西武(21日・楽天生命パーク)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 西武の山川穂高内野手が、楽天からのアピールプレーでアウトになった。

 21日、敵地・楽天生命パークで行われた楽天戦。2回、四球で出塁した山川。1死一塁で打席に立った栗山は左翼後方への大きな飛球を打った。フェンス間際で島内が捕球。これを見た山川は二塁ベース付近から一塁へと戻った。

 この時、山川は一度、二塁ベースを踏んで三塁方向へ進んでいた。島内のキャッチを見て戻る際、ベースをもう一度踏まなければならなかったが、山川はこれを踏むことなく一塁へと戻っていた。

 これに対し、楽天側からアピールがあり、山川はアウトに。ダブルプレーとなり、2回の攻撃を終えた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」