野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武に待望の先制点! 7回に木村がスクイズ成功、勝てば連覇へマジック「2」に

西武が待望の先制点を奪い取った。21日、敵地楽天生命パークで行われた楽天戦。両チーム無得点で迎えた7回にスクイズで先制点を奪い、1点をリードした。

西武・木村文紀【写真:荒川祐史】
西武・木村文紀【写真:荒川祐史】

両チーム無得点で迎えた7回1死一、三塁で西武ベンチはスクイズに打って出る

■楽天 – 西武(21日・楽天生命パーク)

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武が待望の先制点を奪い取った。21日、敵地楽天生命パークで行われた楽天戦。両チーム無得点で迎えた7回にスクイズで先制点を奪い、1点をリードした。

 先発の今井が6回まで無失点と好投。打線は楽天の先発福井、2番手辛島の前になかなか得点を奪えていなかった。7回先頭の外崎が内野安打で出塁。栗山の右前安打で、外崎は一気に三塁まで進んだ。

 1死一、三塁で打席には木村。ブセニッツが2ボール1ストライクから投じた4球目だった。西武ベンチの作戦はスクイズ。これを木村が見事に決めて外崎が生還。ブセニッツの一塁への送球は悪送球となり、犠打エラーとなった。

 この日デーゲームで行われた日本ハム戦でソフトバンクが敗戦。前日の時点でマジック「4」としていた西武は、この試合に勝つと、2連覇に王手をかけるマジック「2」となる。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」