野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武・森、初回に23号ソロ! いきなり先制するも、直後に榎田が逆転許す

西武の森友哉捕手が22日、敵地・楽天生命パークでの楽天戦(楽天生命パーク)で初回に23号右越えソロを放ち、先制点を生み出した。

先制本塁打を放つ西武・森友哉【画像:パーソル パ・リーグTV】
先制本塁打を放つ西武・森友哉【画像:パーソル パ・リーグTV】

楽天先発の石橋から右翼席最前列に飛び込む23号

■楽天 – 西武(22日・楽天生命パーク)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 西武戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 西武の森友哉捕手が22日、敵地・楽天生命パークでの楽天戦(楽天生命パーク)で初回に23号右越えソロを放ち、先制点を生み出した。

 楽天先発の石橋の前に、先頭の秋山、源田が倒れ2死となってからの先制劇だった。3番の森が2ボールから石橋のカットボールを捉えると、打球は右翼手・下水流が伸ばしたグラブを越えて右翼スタンド最前列に飛び込む23号ソロに。森は球団を通じて「先制点がとれてよかった。先手先手でいきたいです」とコメントした。

 幸先よく先制した西武だが、先発の榎田が初回から大乱調。茂木の適時打と銀次の二ゴロで2点を失い、すぐに逆転を許し、1点を追う展開となった。前日、逆転負けを喫しながら、マジック3とした西武は、最短で23日にリーグ2連覇を達成する可能性がある。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」