野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武M3で足踏み、鷹が1ゲーム差に接近 日ハムはBクラス確定…22日のパ・リーグは?

パ・リーグは22日、各地で3試合が行われ、ソフトバンク、楽天、ロッテがそれぞれ勝利した。首位西武の優勝へのマジックは「3」のまま、足踏みとなった。

西武・辻発彦監督(左)とソフトバンク・工藤公康監督【写真:荒川祐史】
西武・辻発彦監督(左)とソフトバンク・工藤公康監督【写真:荒川祐史】

楽天は本拠地で勝利しCS進出に前進

 パ・リーグは22日、各地で3試合が行われ、ソフトバンク、楽天、ロッテがそれぞれ勝利した。首位西武の優勝へのマジックは「3」のまま、足踏みとなった。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 ソフトバンクは敵地京セラドームでオリックスと対戦し、6-5で競り勝った。初回、明石の先頭打者本塁打と柳田の適時打で2点を先制。同点に追いつかれて迎えた6回には柳田の適時三塁打、中村晃の適時打で勝ち越し、7回にはグラシアルの2ランで加点した。その裏、リリーフ陣がつかまって1点差に迫られたものの、守護神の森が回跨ぎで好救援を見せて何とか逃げ切った。西武との差を1ゲームに縮めて、逆転Vの可能性を残した。オリックスは先発の山本が7回8安打5失点と崩れた。

 楽天は本拠地・楽天生命パークで首位の西武に7-5で勝利した。初回に先制を許したが、その裏、茂木の適時打などで逆転。同点とされた3回には銀次の犠飛で勝ち越し、5回には浅村の2ランでリードを広げた。先発の石橋は8回に中村、外崎の2者連発で3点を奪われて2点差まで詰め寄られたものの、8勝目を挙げ、CS進出に前進した。西武は痛い連敗。先発の榎田が5回5失点と踏ん張れず、打線の反撃も及ばなかった。

 ロッテは本拠地ZOZOマリンスタジアムで日本ハムと対戦し、4-0で勝利した。初回、角中の適時打、中村奨の押し出し死球で2点を先制。2回にはマーティンの2点適時打でリードを広げた。先発の種市は8回5安打9奪三振無失点の好投で8勝目をマークした。日本ハムは先発の吉田輝が1回0/3で3失点KO。4位以下が確定し、CS進出の可能性がなくなった。

→1 西武 140試合78勝61敗1分 M3
→2 ソフトバンク 139試合75勝60敗4分 1.0
→3 楽天 140試合69勝67敗4分 6.5
→4 ロッテ 141試合68勝69敗4分 1.5
→5 日本ハム 139試合63勝71敗5分 3.5
→6 オリックス 137試合59勝72敗6分 2.5

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」