野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

逆転V狙う鷹、2回に早々スクイズ! 初回3点先制、執念の采配で序盤で4点リード

ソフトバンクが序盤にスクイズを仕掛ける執念の攻撃を見せた。23日、敵地・京セラドームで行われたオリックス戦。初回に3点を先制すると、2回1死三塁のチャンスでソフトバンクベンチはスクイズを仕掛けて4点目を奪った。

初回に2ランを放ったソフトバンクのアルフレド・デスパイネ【画像:パーソル パ・リーグTV】
初回に2ランを放ったソフトバンクのアルフレド・デスパイネ【画像:パーソル パ・リーグTV】

初回に今宮適時打、デスパイネ2ランで先制すると、2回にはスクイズ

■オリックス – ソフトバンク(23日・京セラドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクが序盤にスクイズを仕掛ける執念の攻撃を見せた。23日、敵地・京セラドームで行われたオリックス戦。初回に3点を先制すると、2回1死三塁のチャンスでソフトバンクベンチはスクイズを仕掛けて4点目を奪った。

 初回、先頭の川島がいきなりフェンス直撃の三塁打で出塁。続く今宮が右前へ適時打を放って、いきなり先制した。柳田が右前安打で続いたが、今宮が三塁を狙って憤死。にも関わらず、続くデスパイネが右翼スタンドへ7試合ぶりの本塁打となる35号2ランを打ち込んで、いきなり3点を先制した。

 さらに2回、先頭の松田宣が右中間を破る二塁打を放って出塁すると、続く中村晃が犠打で送って1死三塁に。続く甲斐の打席、1ボール1ストライクからの3球目で、工藤公康監督の選択はスクイズ。これを甲斐が見事に決めて4点目を奪い取った。

 2回という試合の序盤にもかかわらず、何が何でも1点を奪いに行くソフトバンクベンチの執念が滲み出る作戦だった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」