野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

M3の西武、同点に追いつかれる… 本田がブラッシュに同点弾被弾

優勝マジックを「3」としている西武が、終盤に試合を振り出しに戻された。22日、敵地・楽天生命パークでの楽天戦。6回まで2安打無失点と好投していた本田が、7回1死一塁からブラッシュに痛恨の同点弾を被弾した。

楽天戦に先発した西武・本田圭佑【画像:パーソル パ・リーグTV】
楽天戦に先発した西武・本田圭佑【画像:パーソル パ・リーグTV】

6回まで2安打と好投していた本田だったが、痛恨の一発浴びる

■楽天 – 西武(23日・楽天生命パーク)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 優勝マジックを「3」としている西武が、終盤に試合を振り出しに戻された。22日、敵地・楽天生命パークでの楽天戦。6回まで2安打無失点と好投していた本田が、7回1死一塁からブラッシュに痛恨の同点弾を被弾した。

 この日ここまで無安打だったブラッシュに一発を浴びた。6回まで許したヒットは2本のみ。無四死球と快投を続けてきた本田だったが、2点リードの7回1死から浅村に左翼フェンス直撃のヒットを許し、続くブラッシュにフルカウントから投じた外角のストレートを捉えられた。

 打球は無情にも右中間スタンドに飛び込む同点2ランとなり、辻監督はたまらず投手の交代を告げた。ベンチに戻った本田は呆然。それでも、後続の小川、ヒースが後続を断ち、勝ち越しは許さなかった。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」