野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

広島長野が打率.538と爆発、阪神藤川は3セーブと健在 19年第26週投打5傑【セ編】

巨人の優勝が決まったセ・リーグ。関心はポストシーズン進出に集まっている。

広島・長野久義【写真:荒川祐史】
広島・長野久義【写真:荒川祐史】

巨人が5年ぶり37回目のリーグ優勝、CS争いに注目が集まる

 巨人の優勝が決まったセ・リーグ。関心はポストシーズン進出に集まっている。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 26週目のセ・リーグ。

【セ・リーグ9/23時点での順位】

1 巨人(140試76勝62敗2分 率.551 差–)
2 DeNA(140試70勝67敗3分 率.511 差5.5)
3 広島(142試70勝69敗3分 率.504 差6.5)
4 阪神(139試65勝68敗6分 率.489 差8.5)
5 中日(138試66勝70敗2分 率.485 差9.0)
6 ヤクルト(141試58勝81敗2分 率.417 差18.5)

【セ・リーグ第26週(9/17-9/23)の勝敗】

1 阪神 4試3勝1敗0分 率.750
1 中日 4試3勝1敗0分 率.750
3 巨人 6試3勝3敗0分 率.500
4 ヤクルト 5試2勝3敗0分 率.400
5 広島 3試1勝2敗0分 率.333
6 DeNA 4試1勝3敗0分 率.250

 巨人が5年ぶり37回目のリーグ優勝を達成。3位の広島は残り1試合、残り試合が多い阪神、中日には3位になる可能性が残されている。

【打者5傑】

○安打

1 大和(De)7
1 岡本和真(巨)7
1 長野久義(広)7
1 大島洋平(中)7
5 塩見泰隆(ヤ)6
5 坂本勇人(巨)6
5 大城卓三(巨)6
5 近本光司(神)6
5 福田永将(中)6

〇本塁打

1 坂本勇人(巨)3
2 岡本和真(巨)2
2 大島洋平(中)2
2 大城卓三(巨)2
2 ソト(De)2

〇打点

1 岡本和真(巨)6
1 ソト(De)6
3 長野久義(広)5
3 梶谷隆幸(De)5
3 山田哲人(ヤ)5
3 福田永将(中)5

〇盗塁

1 近本光司(神)2
 1盗塁12人

〇打率 規定打席以上

1 長野久義(広).538
2 大島洋平(中).467
3 大和(De).438
4 塩見泰隆(ヤ).429
5 會澤翼(広).400
5 福田永将(中).400

○RC(Run Create)打者の総合指標 安打、長打、四死球、盗塁、犠打、犠飛を加味

1 大城卓三(巨)5.82
2 坂本勇人(巨)5.79
3 塩見泰隆(ヤ)5.68
4 岡本和真(巨)5.39
5 大島洋平(中)5.34

 広島長野が13打数7安打の打率.538とシーズン終盤に本来の力を発揮。巨人の大城は6安打1二塁打2本塁打、坂本勇人は3本塁打とリーグ優勝に貢献。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」