野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ福浦、劇的フィナーレで“神実況”誕生!? 絶叫「カズヤフクウラ!」をファン絶賛

23日に本拠地ZOZOマリンスタジアムで行われた日本ハム戦で引退試合に臨んだロッテの福浦和也内野手。「7番・DH」で先発出場し、4打席ノーヒットに終わったものの、9回に一塁の守備に就き自身のファインプレーでウイニングボールを掴み取った。井口資仁監督も「野球の神さまがいましたね」と驚く劇的な幕切れで、現役生活に幕を下ろした。

引退試合を自身の好守で締めくくったロッテ・福浦和也【写真:荒川祐史】
引退試合を自身の好守で締めくくったロッテ・福浦和也【写真:荒川祐史】

「パーソル パ・リーグTV」が公開した動画はわずか1日足らずで25万回再生を突破

■ロッテ 6-1 日本ハム(23日・ZOZOマリン)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 23日に本拠地ZOZOマリンスタジアムで行われた日本ハム戦で引退試合に臨んだロッテの福浦和也内野手。「7番・DH」で先発出場し、4打席ノーヒットに終わったものの、9回に一塁の守備に就き自身のファインプレーでウイニングボールを掴み取った。井口資仁監督も「野球の神さまがいましたね」と驚く劇的な幕切れで、現役生活に幕を下ろした。

 DHを解除され、9回の1イニングだけ、一塁の守備に就いた福浦。2死一塁。勝利まであとアウト1つの状況で、平沼が放った打球は一、二塁間への強烈なライナーになった。これに身を投げ出して飛びついた福浦。見事なダイビングキャッチ。ボールを収めたファーストミットを突き上げると、野球少年かのように勝利の瞬間に酔いしれた。

 ロッテファンのみならず、多くの感動を呼ぶことになった、福浦の劇的なフィナーレ。福浦の美技だけでなく、試合中継の“神実況”ぶりにも、ファンが称賛を挙げている。

 この日の試合で実況を担当したのはフリーアナウンサーの谷口廣明アナ。福浦がダイビングキャッチを決めた瞬間に「うおー!!!」と思わず絶叫。さらに「カズヤ・フクウラ! カズヤ・フクウラ!」とまくし立て「魅せました! すごいプレーで締めましたねぇ」と絶賛した。

「パーソル パ・リーグTV」が公式Youtubeで、この場面を「M福浦 現役を締めくくるスーパーキャッチ!!」と紹介すると、絶叫する実況を「カズヤフクウラ!」「この試合の実況が谷口さんでよかった…」「神実況だと思う」「谷口さんの実況に限る笑」と絶賛する声が。この動画はわずか1日足らずで再生回数25万回を超えている。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」