野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

元巨人“分析のプロ”がスコアブック講座開催 記録は「家族の会話になる」

スコアラーや編成担当として、約30年、巨人に在籍した三井康浩氏が24日、東京・墨田区のよみうりカルチャー錦糸町で「プロが教えるスコアブック講座」を開講した。

分析のプロが教えるスコアブック講座を開講した元巨人スコアラーの三井康浩氏【写真:編集部】
分析のプロが教えるスコアブック講座を開講した元巨人スコアラーの三井康浩氏【写真:編集部】

名スコアラー・三井康浩氏 講座ではスコアラーならでは視点も紹介

 スコアラーや編成担当として、約30年、巨人に在籍した三井康浩氏が24日、東京・墨田区のよみうりカルチャー錦糸町で「プロが教えるスコアブック講座」を開講した。

 この講座は少年野球チームの父母さんから「スコアブックを付けたくても、わからない」「チームの何か力になりたいけど、すぐに書くことができない」という多くの声を三井氏が受けて、実現した。独自のスコアの付け方シートを使って、ポジションの位置を示す数字や安打の書き方といった基礎から、自責点と失点の違い、盗塁になるケースとならないケースなど、野球のルールに基づくものも細かく指導。また「牽制の数を明記しておくと『この投手は3球続けては牽制をしてこない』とかが分かります」「二塁盗塁を仕掛けた場合、必ず相手は遊撃手が二塁に入ると書いておけば、エンドランを仕掛けて、三遊間を打つ指示を出すといい」などとスコアラーならではの視点などを紹介した。

 スコアを付けたい受講者は少年野球をする子を持つ保護者や、野球観戦の時に付けたい人など、目的は様々。だが、三井氏は「スコアブックは最後は自分が見返した時に分かればいいので、表記がわからなければ、ひらがなとか書いても構いません。新しい発見もありますし、家族の会話にもなるので、楽しみながら付けていただきたいです」とポイントを伝えた。この講座は26日(19時~)と29日(10時~)も開催予定。三井氏は「少年野球のチーム力が上がるお手伝いができるならば、また続けていきたいです」と話した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」