野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

広島鈴木が初、DeNAソトは2冠濃厚 阪神近本は赤星以来の…セ打撃タイトル争いの行方

巨人が5年ぶりの優勝を決めたセ・リーグ。個人タイトルでは広島鈴木が打率、出塁率の2冠に迫っており、プロ7年目にして初のタイトルに前進している。5本差に4人がいる最多安打争いは最後までもつれそうだ。

DeNAのネフタリ・ソト【写真:荒川祐史】
DeNAのネフタリ・ソト【写真:荒川祐史】

広島鈴木は首位打者、最高出塁率の2冠当確、プロ7年目で初のタイトルへ

 巨人が5年ぶりの優勝を決めたセ・リーグ。個人タイトルでは広島鈴木が打率、出塁率の2冠に迫っており、プロ7年目にして初のタイトルに前進している。5本差に4人がいる最多安打争いは最後までもつれそうだ。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

〇打率
1 鈴木誠也(広).335
2 ビシエド(中).318
3 大島洋平(中).315

 首位打者争いは鈴木が独走中。2年連続の首位打者を目指すビシエドと大島の中日勢が追っているが、やや離されている。鈴木は首位打者を獲得すれば、プロ7年目で初のタイトル。さらに出塁率、OPS(出塁率+長打率)でもトップの数字を残しており、キャリアハイとなっている。

〇安打
1 坂本勇人(巨)171
1 大島洋平(中)171
3 ビシエド(中)167

 最多安打争いは激戦。トップの坂本勇を大島と昨季最多安打のビシエドの中日勢が追っている。特に中日は巨人より残り試合が2試合多いため、最後まで縺れそうだ。坂本は最多安打を獲得すれば、2012年以来7年ぶりとなる。

〇本塁打
1 ソト(De)42
2 坂本勇人(巨)39
3 村上宗隆(ヤ)36

 2年連続40本塁打に到達したソトが独走態勢に入っている。8月までは坂本、村上らと激戦を繰り広げていたが、9月にここまで9本塁打を放つなど急加速。2年連続の本塁打王に前進している。坂本はプロ13年目にして2010年の31本を大幅に更新するキャリアハイの39本。残り2試合で3本差を追う。村上の10代初の本塁打王は厳しくなった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」