野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、左膝手術後初の肉声 二刀流復活「楽しみ」、今季は「悔しい」…一問一答

大谷翔平、左膝手術後初の肉声 二刀流復活「楽しみ」、今季は「悔しい」…一問一答

エンゼルスの大谷翔平投手が24日(日本時間25日)、本拠地アスレチックス戦の前に記者会見を行った。13日(同14日)に左膝の分裂膝蓋骨の手術を行ってから初めて取材に応じ、来季の二刀流復活に向けて「楽しみ」と意欲。一方で、打者に専念して106試合出場、打率.286、18本塁打、62打点、12盗塁という成績だった今季については「悔しいの一言」と胸中を吐露した。

本拠地アスレチックス戦前に会見したエンゼルス・大谷翔平【写真:編集部】
本拠地アスレチックス戦前に会見したエンゼルス・大谷翔平【写真:編集部】

14日に左膝の分裂膝蓋骨の手術、術後の経過は「順調だと思います」

 エンゼルスの大谷翔平投手が24日(日本時間25日)、本拠地アスレチックス戦の前に記者会見を行った。13日(同14日)に左膝の分裂膝蓋骨の手術を行ってから初めて取材に応じ、来季の二刀流復活に向けて「楽しみ」と意欲。一方で、打者に専念して106試合出場、打率.286、18本塁打、62打点、12盗塁という成績だった今季については「悔しいの一言」と胸中を吐露した。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 この日はギブスをつけて会見に現れた大谷は全治8~12週間の予定。今後、医師の許可が出れば膝を動かすなどのリハビリを開始し、術後10週間をメドにブルペンでの投球練習を再開する予定だ。

 以下が日米メディアに対応した大谷の一問一答。

【米メディア】

――膝の調子は?

「順調だと思います」

――いつ手術を決断した?

「手術する2日前から3日前ですね」

――回復までの過程は?

「そんなに来年に間に合うか間に合わないかという感じではないので、早めにいい状態に持っていって、肘のリハビリも含めて来年にしっかり合わせたいなと思います」

――膝が問題なければシーズン最後まで戦いたい強い気持ちがあった?

「もちろんそうですね。できればというか、普通に考えたらシーズンの終わりまでしっかりやりたいのが選手ですし、それが普通じゃないかなと思いますけど、ポストシーズンの可能性もなくなったので早めにやるというチームの方針かなと思います」

――キャンプ中から気になったというが、シーズン中はどのくらい気になった?

「そこそこ走れてましたし、例えば今回やらなかったとしても来年もある程度はできるんじゃないなという感じだったとは思うので。ただ、そこに満足することなくもっと高いレベルでやりたいなという気持ちはあるので、そのための手術かなと思います」

――初めてそういう状態だと知った? 前から知っていた?

「二分性膝蓋骨だというのはある程度というか、レントゲンとか見れば分かることなので、それが痛むかは人それぞれだったりとか、進行具合だったりとかという感じなので、それ次第かなと思います」

――初めて知ったのはいつ?

「毎年毎年そうですね。成長期の過程で塞がらなかったら塞がらないというだけなので、いつとかはなくて。まだ塞がってないね、塞がらないねと。多分、成長は止まっているので、塞がらないのではないかという感じです」

――シーズン中に痛みは?

「痛みはありましたね。なかったら手術しないので」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」