野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

12球団の今季MVPは誰か? Vの巨人は坂本勇、西武は森、村上&近本も

24日に行われた敵地ロッテ戦に勝ち、西武が2年連続のパ・リーグ制覇を決めた。セ・リーグは21日に巨人が5年ぶりのリーグ優勝を決めており、これでセパ両リーグの優勝チームが決定した。

巨人・坂本勇人(左)と西武・森友哉【写真:Getty Images、荒川祐史】
巨人・坂本勇人(左)と西武・森友哉【写真:Getty Images、荒川祐史】

2位が確定したDeNAは2冠王が確実のソト

 24日に行われた敵地ロッテ戦に勝ち、西武が2年連続のパ・リーグ制覇を決めた。セ・リーグは21日に巨人が5年ぶりのリーグ優勝を決めており、これでセパ両リーグの優勝チームが決定した。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 パ・リーグは24日に行われた3試合で一斉に全順位が決定する珍しい事態となり、2位ソフトバンク、3位楽天とクライマックスシリーズ進出チームも決定。4位以下はロッテ、日本ハム、オリックスの並びに。セ・リーグは巨人の首位、DeNAの2位が決定。CS進出のかかる3位争いは広島、阪神に絞られている。

 ペナントの行方が決まり、レギュラーシーズンもあとわずか。ここでは、12球団で最もチームに貢献した各球団MVPを独自に選出してみたい。

【セ・リーグ】
○巨人:坂本勇人
 5年ぶりにリーグを制覇を果たした巨人はやはりキャプテンとしてチームを牽引した坂本勇人だろう。ここまでリーグ5位の打率.310、リーグ2位の39本塁打、リーグ4位タイの93打点と打撃成績は軒並みリーグ上位に位置している。野手の中でも負担の大きい遊撃手を務めながらのこの成績でセ・リーグMVPの最有力候補でもある。投手で言えば、15勝をあげて最多勝が決まった山口俊の奮闘が光った。

○DeNA:ネフタリ・ソト
 ラミレス監督就任後の最高位となる2位が決まったDeNAではソトがMVPだろう。42本塁打、106打点はともにリーグトップで2冠王がほぼ確実な状況となっている。打率.269はやや物足りないものの、その勝負強い打撃は他球団の脅威となり、本塁打王は2年連続となりそう。投手で挙げるならば、やはり13勝、防御率2.71と奮闘した今永昇太か。

○広島:鈴木誠也
 3年連続優勝から一転、4年ぶりにリーグ優勝を逃した広島。その中でチームを牽引したのは、主砲の鈴木誠也だった。打率.335はセ・リーグトップで自身初の首位打者をほぼ確実にしている。28本塁打87打点もチームトップでチームのMVPの働きだった。投手ではジョンソンが11勝7敗、防御率2.46で最優秀防御率のタイトルを確実にしている。

○阪神:近本光司
 最後の最後までクライマックスシリーズ進出を争っている阪神のMVPにはドラフト1位の近本光司を挙げたい。ルーキーながら打率.276をマークし、長嶋茂雄氏を超えるセ・リーグ新人最多、NPBでも歴代3位となる158安打をマーク。リーグトップの36盗塁をマークし、盗塁王も視野に入れている。救援のピアース・ジョンソン、藤川球児も素晴らしい成績を残した。

○中日:ダヤン・ビシエド
 終盤までCS進出の可能性を残しながら、7年連続Bクラスに終わることになった中日。その中でMVPをあげるとすれば、ビシエドか。打率.318はリーグ2位、本塁打は18本と決して多くないが、それでいてリーグ4位の93打点を残すのは、さすがの一言だ。初の2桁勝利をマークした柳裕也、復活を果たしノーヒットノーランを達成した大野雄大、リリーフで防御率1点台のジョエリー・ロドリゲスの好投も光った。

○ヤクルト:村上宗隆
 高卒2年目でセンセーショナルな活躍を見せた村上がヤクルトのMVPだろう。清原和博氏の持つ10代最多本塁打記録を更新し、ここまでリーグ3位、チームトップの36本塁打をマーク。中西太氏の持つ高卒2年目までの最多本塁打記録にも肩を並べ、最年少100打点にも残り2試合で4打点に迫っている。バレンティンも33本塁打93打点、山田哲人も35本塁打98打点をマークしているが、期待以上だったという点からも村上がMVPだろう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」