野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • これが本当のドラフト“大当たり” 育成指名から活躍した選手とその軌跡

これが本当のドラフト“大当たり” 育成指名から活躍した選手とその軌跡

10月17日に都内のホテルで行われる「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」。多くの人の注目は1位指名に注がれているが、プロ野球界で活躍する選手の中にはドラフト指名時は光が当たらなかった人も少なくない。今回は育成指名から支配下登録という狭き門を抜け、1軍で活躍した主な選手たちを振り返る。

育成指名から飛躍を遂げたソフトバンク・千賀滉大(左)、甲斐拓也【写真:荒川祐史】
育成指名から飛躍を遂げたソフトバンク・千賀滉大(左)、甲斐拓也【写真:荒川祐史】

2018年は育成21人、支配下登録の狭き門くぐり

 10月17日に都内のホテルで行われる「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」。多くの人の注目は1位指名に注がれているが、プロ野球界で活躍する選手の中にはドラフト指名時は光が当たらなかった人も少なくない。今回は育成指名から支配下登録という狭き門を抜け、1軍で活躍した主な選手たちを振り返る。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

○ソフトバンク:千賀滉大投手
 2010年の育成4巡でソフトバンクに入団した千賀は、初年度こそ3軍スタートとなったが、シーズン終了後、宮崎フェニックスリーグで2軍入り。そのまま翌年の春季キャンプでは終盤から1軍に合流し、同年4月に支配下登録となった。2013年には救援として51試合に登板し、防御率2.40と早くも1軍に定着した。その後は当時育成出身選手最多だった通算勝利数記録52を更新(現在も更新中)、今年は9月6日に育成出身初のノーヒットノーランを達成するなど記録を打ち立てている。

○ソフトバンク:甲斐拓也捕手
 千賀と共に2010年の育成6位で入団したが、一歩遅れて2013年に支配下登録された。初めてスタメンマスクを被ったのは7年目の2017年と遅咲きだったが、その年から今季まで正捕手として活躍。今年千賀がノーヒットノーランを達成した際にもスタメン出場しており、史上初めての育成出身バッテリーでの記録達成となった。

○阪神:島本浩也投手
 2010年の育成2巡で福知山成美高から阪神入りした島本は、最初の3年で支配下登録をつかめず、2013年オフに自由契約から再契約となった経験を持つ。2014年オフも自由契約選手の公示があったものの、チーム事情などを考慮して支配下登録された。その後も2軍暮らしが長く、昨年は1軍登板わずか1試合にとどまったが、今季は中継ぎ左腕としてブレーク。61試合に登板し、10ホールド防御率1.73。プロ初セーブも挙げた。

○ロッテ:西野勇士投手
 2008年の育成5巡で新湊高から入団し、4年目の11月に支配下登録。2013年は開幕を1軍で迎え、24試合に登板。今季は7月まで救援として登板、8月からは6試合で先発し、2勝3敗、5ホールド2セーブ、防御率2.96と場所を問わず安定した活躍を見せている。

○DeNA:砂田毅樹投手
 2013年の育成1巡で明桜高から入団した砂田は、初年度にイースタン・リーグで7試合で登板し2勝1敗、防御率2.79。翌年6月7日に支配下登録されると、同月14日には初登板で初先発初勝利。2016年には先発ローテで回ったが、クライマックス・シリーズでは中継ぎ登板を果たした。以降、2シーズンは救援として1軍戦で登板している。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」