野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 菊池雄星
  • 菊池雄星、メジャー1年目32登板を支えた強靭な精神力 「希望が少し見えたのは来季に」

菊池雄星、メジャー1年目32登板を支えた強靭な精神力 「希望が少し見えたのは来季に」

マリナーズの菊池雄星投手は25日(日本時間26日)、メジャー1年目の最終登板となる本拠地T-モバイル・パークでのアストロズ戦に先発。6回を投げ6安打2失点と好投したが、打線の援護がなく今季11敗目(6勝)を喫し、有終の美は飾れなかった。しかし、シーズン中盤から精度を欠いていた軸球の直球がイメージするものへと戻り、来季への糧とする登板となった。

本拠地でのアストロズ戦に先発登板したマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】
本拠地でのアストロズ戦に先発登板したマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】

今季最終登板は6回6安打2失点の好投も打線の援護なく11敗目

■アストロズ 3-0 マリナーズ(日本時間26日・シアトル)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 マリナーズの菊池雄星投手は25日(日本時間26日)、メジャー1年目の最終登板となる本拠地T-モバイル・パークでのアストロズ戦に先発。6回を投げ6安打2失点と好投したが、打線の援護がなく今季11敗目(6勝)を喫し、有終の美は飾れなかった。しかし、シーズン中盤から精度を欠いていた軸球の直球がイメージするものへと戻り、来季への糧とする登板となった。

 黒星は付いても、菊池の表情は晴れやかだった。

「スピードがすべてではないんですけど、そこも付いてきてくれて。ストレートに自信をもって投げられるのは久しぶりの感覚かなと思います。6月くらいからずっともどかしさを感じたままここまで来たんで。最後の試合で、これさえ出せればっていう希望が少し見えたのは来季につながりますね」

 もどかしさを吹き飛ばした質の高い直球――。前回19日の登板後にフォームの微調整を行ったことが奏功し、最速は9月1日のレンジャーズ戦以来となる95マイル(約153キロ)を計測。初回に3本のヒットで先制点を許したが、走者を出した3回、5回、6回のいずれも内角の直球を生かした組み立てで3アウト目を取った。菊池は語気を弾ませた。

「すべてはストレートあっての変化球。今日は3つとも変化球がよく決まってましたけどね。そうじゃない時でも、やっぱりストレートさえいければっていうところも、すごく感じました」

 3打席すべてを封じた2番アルトゥーベには“鍵”としてきた高め直球を操り、マン振りの空振りを取った。威力のある球は、スライダー、チェンジアップ、カーブと呼応。リーグ1位のチーム打率を誇るアストロズ打線に意図が伝わる配球で局面を切り抜けていった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」