野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日ハム大田、移籍後初4番で初20号 巨人阿部の背中を追い「今のプレースタイルがある」

日本ハムの大田泰示外野手が26日、本拠地オリックス戦で念願のシーズン20本塁打を達成した。

日本ハム・大田泰示【写真:石川加奈子】
日本ハム・大田泰示【写真:石川加奈子】

26日のオリックス戦で移籍後初の4番で自身初の20号を放った大田

■日本ハム 4-1 オリックス(26日・札幌ドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 日本ハムの大田泰示外野手が26日、本拠地オリックス戦で念願のシーズン20本塁打を達成した。

 日本ハム移籍3年目で初めて4番を任せてくれた栗山英樹監督の期待に応えた。2回の第1打席で左前打を放った後の4回。オリックスのK-鈴木からソロアーチをライナーで左翼席に放り込んだ。

「試合前に監督が『思い切って振れるように打順を4番に入れたから』という話をしてくれました。その意図を自分で理解して、監督の気持ちを意気に感じて試合に入っていった中での20号を素直に受け止めたいです。うれしさもあるし、まだまだ打てたんじゃないかなという気持ちもあります」とプロ11年目での大台到達の喜びを噛みしめた。

 バントをしない攻撃的な2番打者という難しい役割を求められ、葛藤を抱えながら過ごしたシーズンだった。

「最低限の仕事はしなきゃいけないし、その中でも自分の持ち味を出さなきゃいけない。そういう葛藤がありました。ランナーが一塁に出たらゲッツーを打つかもしれないとか、ランナーを進めなきゃいけないとか、いろんな制限がある中でやってきました。いい意味で自分勝手にやれたらもっとホームランを打てたかもしれないし、でも自分の欲を抑えながらやっていった結果、ヒットを打てたというケースもある。どれが正解か分からないですが、シーズンが終わった時に数字を受け止めて、来季に向けて自分の中でまた試行錯誤してやっていきます。今日の1本というのは本当に大きな1本。さらに成長しなきゃいけないと思います」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」